ボルゲーゼ美術館

久しぶりにボルゲーゼ美術館に行ってきました。
ここには、大好きな彫刻と絵画がたくさんあるのです。

ボルゲーゼ美術館内部  アポロとダフネ  ナポレオンの妹  ラッファエッロ

初めて、イタリアの美術品の数々を見た時、日本では写真でしか見ることの出来ないものが、こんなにたくさん溢れていて、しかも写真は自由に撮っていいし、彫刻に至っては触れてもいいしで、感動と言うより、こんな中に暮らしている人たちには芸術面では絶対にかなわないな・・なんて思ったものですが、今ではすっかり慣れてしまって、なんとも思いません。
それに、日本人の方がよっぽどアート好き。
現代イタリア人は大したことありません。

左から2番目の「アポロとダフネ」が私の一番のお気に入り。
ギリシャ神話。
アポロが一目惚れしたダフネを追いかける。
純潔を守るために必死で逃れようとするダフネ(ダフネはアポロが嫌い)。
アポロの指先がダフネに触れた時、ダフネを哀れに思ったヴィーナス(アポロの姉)が、ダフネを月桂樹に変える。

作者は、プロフィール欄の写真の彫刻と同じ、ベルニーニ。
彼の彫刻はとても繊細で、一瞬の時間の表現が天才的なんです。
ダフネの身体が月桂樹に変わリ始めたその瞬間が、アポロの絶望的な表情と共に見事に表現されている。
そして、前にも書いたけど、彼の彫る天使の顔がたっちゃんにそっくりなの!!
ここでは天使ではないけれど。

たっちゃんの雰囲気ってヨーロッパが似合う。
仁とか聖は断然アメリカだけど、そして、ユッチとジュンノは日本限定。
たっちゃんと亀ちゃんなら違和感なくヨーロッパの街並みに溶け込めそう・・。
特にたっちゃんは!
イタリアよりはフランスって感じだけど、いわゆる南イタリアでなければ、ローマ以北のイタリアだったら似合いそう。

全然関係ないこと。
日本でも「東男に京女」って言葉があるけど、イタリアでは、「黒い髪の男にブロンドの女」が最高に美しいカップルって言われるの。
なんでだろう?

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

素敵v-10素敵v-10
「ダフネとアポロ」素敵ねv-238
私ったらせっかくイタリアやフランスへ行っても
芸術や歴史のことあまりよくわからなくて
もったいないのv-12
繭ちゃんと一緒に回って説明してもらいたいなぁ~

去年イタリアへ行ったときは
天使見ては「たっちゃんたっちゃん」って
舞い上がっていたっけ(笑)

でもイタリア、フランスはたっちゃんに似合うと思うv-218

「黒い髪の男にブロンドの女」最高のカップルなんだ

そういえば
妙に目立ったカップルが美術館にいた
「黒い髪の男にブロンドの女」だったけど
ベタベタしてたなぁ~

うわぁ。
とても素敵ですね~♪
先日、ローマの古代遺跡を発掘!っていう番組を
してたのですが、食い入るように見てました。
芸術を見る目は残念ながら
養われてはいないけれど、
歴史が大好きなんです♪♪♪

たっちゃん=ヨーロッパ、
よくわかります!
絶対似合うと思う!!

レスです

和湖ちゃんへ
最近、私、イタリアの芸術から遠ざかっていたんだけど(あまりにも日常的になりすぎて)、たっちゃんのおかげで再発見だわ!
確かにイタリアは天使だらけ!
それだけで舞い上がっちゃうね!
私は昔から西洋かぶれだったから、こっちの歴史と芸術には詳しいの。
イタリアへはまた来ればいいよ~。
喜んでご案内します!!
でも、私、日本史が全然ダメなの。
今、勉強中!


一花さんへ
一花さんは若いからこれからですよ~。
お勉強熱心だし!
歴史が好きなら、必ず見る目は養われます!
たっちゃんごとだけじゃなく、色んなことに目を向けてる姿、とっても素敵です。
頑張ってね。
ジャニーズの方たちって意外に仕事がらみでもイタリアに来たことないんですよね。
大昔にSMAPの吾郎ちゃんくらいかな。
たっちゃん、来てくれないかなぁ!?

プロフィール

繭(まゆ)

Author:繭(まゆ)
「永遠の都」ローマに住んでいます♪
上田王国の住人でもあります
King of Desire=上田竜也は、私の元気の素なの~
自称、永遠の少女♪
魔法をかけられたから年を取らないみたいです。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード