スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Crtoon KAT-TUN No.82

カボチャの

ハロウィーンですね!
この、アメリカからやってきた死者の魂を迎えるお祭り(日本ではお盆と同じ意味合いかな)、近所の子供たちがお菓子をもらいに来るんで、本当にうっとおしい!
同じキリスト教国とはいえども、イタリアにはなかったお祭り。
なんでもアメリカの真似をする国だから、ここ数年で、すごいポピュラーになっちゃった。

こちらでは、女の子は、ちょうど「ひと恋」の奈緒ちゃんのように、とんがり帽子の黒ずくめ魔女の格好、男の子はドラキュラorお化けの扮装をします。で、高校生以上の子は、夜中の12時頃からDisco(日本ではクラブですね。こっちは相変わらずディスコといいます)に繰り出します。
私には関係なし!!

さて、カツカツ82回目の感想です。
番組としては、ちょっと期待はずれだったかな~。
確かに、笑えたし、面白かったのよ~。
ただ、私、ああいうタイプの女の子たちが苦手というか、作られすぎてるキャラというのがダメというか・・。
ゆうこりん、台本にないこと突っ込まれるとグダグダしてたから、そこが面白いと思った方もいるだろうけど、私なんかは、逆に、彼女が戦略として作られたキャラを演じていることをより明確に感じてしまった。
そして、臨機応変に対応出来ないところがプロじゃないというか・・。
家政婦候補の5人の子の方がずっと良かった!
たとえば、ショコタンみたいに、天真爛漫で、素のままチックな女の子は好きなんだけど・・。

あ~、もっとKAT-TUNを中心にして欲しい!
たっちゃん、あんまり喋らなかったし~。

でもね、もう見ているだけでうっとり~
たっちゃんが画面に登場した瞬間に、空気が変わるのは何故!?
こう思うのは私だけなの?
キラキラ
あの栗色の髪、綺麗な顔、ロングカーディガンにロールアップジーンズ、なんて素敵なの~
もちろん、亀ちゃんだって、ユッチだって素敵でしたよ~。
でも、でも、でもね、たっちゃんのビジュアルの良さは~比較にならない!
SUPERBO!!(←スペルボと発音する、華麗という意味)
笑顔は最強だし、ポカーンとお口を開けた顔も萌え~
女の子のゆうこりんより遥かに綺麗だった

最近、この番組、妖精の出現率高いよね~。
妖精という言葉を聞くと、つい反応してしまうのよね~。
たっちゃんも嘘でもいいから妖精の話すればいいのに~。

家政婦採用面接の最後の松川マミヤさん。
ウグイス嬢風、館内放送の上田お休み編。
これ受けたわ~。
「上田様、上田様、お休みの時間がやって参りました。良い夢を見るように心からお祈りしておりますので、明日の朝、元気なお姿をお見せ下さいませ。」
たっちゃんも大笑いだったし!
私も大笑いだった!

終わりよければ全てよし!!

スポンサーサイト

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

R-One KAT-TUN No.135

まず最初に、仁くん、映画初主演おめでとう!!
念願だった映画が決まって良かったね!!
バンドのリーダー&ヴォーカルの役だなんて、映画の中でも、仁くんの男前っぷりとあの鳥肌ものの歌声を堪能出来るのね~。
嬉しい!!

あの~、友情出演で上田竜也いかがでしょうか~?
亀ちゃんの「1ポンド」の時も空振りだったから、期待するのは禁物なんだけど~。
軽ーく頭の中で妄想しちゃいました。

それにしても、先週の「White X’mas」に始まって、竜也が主役の舞台のお知らせ、仁くんの映画主演のニュース・・
なんにもないときは本当になんにもないけど、何かがあると一気に噴出してくるカツン事!
雨季と乾季の差が激しすぎるんですけど・・。
なんだか、これだけで終わらないような気がするわ~。
まだまだ、私たちを喜ばせる何かが続くような気がする~。


さて、ローマは相変わらず、毎日雨です。
でも、ずーっと一日中降り続けることはなくて、時々お日様も顔を出しますが・・。
でも、鬱陶しいことには変わりなく・・。
雨のローマ2 雨のローマ


それでは、R-One KAT-TUN、No.135の感想です。
なんかね、ロバ丸コンビ、すごく良かったの~!

思えば、この夏、2人とも初めての一人舞台とソロコンサートを経験した訳で。
ユッチもあの性格から、舞台の前も最中も尋常じゃない精神状態だったと思うの。
たっちゃんは、どちらかというと終わった後にどっと来て・・。
ここ数ヶ月は、お互いに抱えていたものが余りにも大きくて、気を許せる中だからこそ表に出た部分があって・・・。
それで、しっくりこないと感じたリスナーさんもいたのかな!?

ニコラジ135回目、ホント、にっこにこだった!!

冒頭、いきなりユッチが「ジャニーズ運動会、最近やってないね~」と言い出して、「楽しかった」だの「またやればいいのに」と盛り上がる中で、
「やればいいじゃん、一人で!」 By竜也
「お前、バッカじねぇ~の~?」Byユッチ
このやりとり、ツボだった~。
竜也のユッチいじり好き~。
実にロバ丸らしい会話!

「アポ取ってます。大人の社会見学」コーナー
今回は看護士さん。
ものすごく長く感じたけど、話は興味深かった。
竜也も最後に、「やっぱり、6,7年働いている方って、しっかりしてますよね~。ちゃんとしてますね。」だって。
途中、彼女の心霊体験話から、二人とも金縛りの経験すらないということで、交わされた会話
「でも、ピーナッツみたいな人形が襲いかかってきたんだろ!?」By竜也
「襲いかかってきてない!移動してたから、びびっただけ」Byユッチ
こういう何気ない会話に二人の仲良しぶりが出てる~。
あとは、患者さんと恋愛関係になることはあるのかと質問をしたり、やっぱり話はそっちの方へ行っちゃってました~。

しっかし、竜也、「スチュワーデス行こうよ!」(次回の募集ということ)と、CAに興味しんしんで、あまりに普通の男の子なんで笑っちゃった!
そりゃそうか~、25歳のうら若き男性だもんね。
でも、CAって、今でもやっぱり男の子に人気あるんだ~。意外・・。

「KAT-TUNの微妙な噂」コーナー

①中丸君はお父さんに「おいち」と呼ばれてるって本当ですか?
Yes!雄の字を「お」と読んで「おいち」と呼ばれてたって。
ここでまた、二人の仲良し会話。
「忍者みたいですね。」By竜也
「オレの名前、なんで昔から忍者みたいって言うの?」「お前しか言わない」Byユッチ
苗字に丸がつくから忍者の名前って、竜也の脳にはインプットされてるみたい。
「おいち」と忍者話は受けた~。

②「たっちゃんは、お姉さんの服を借りて着ているって本当ですか?」
No!
「着たことがあったら変態じゃないですか~」By竜也
たっちゃん、変態って言葉好きよね~。

③「中丸君の恋愛対象は70歳までOKって聞いたんですけど、本当ですか?」
はっきりと答えたわけではないけど、さすがだね~。
「歳とかは気にしない」「話合えばね~」Byユッチ
「40歳とかでも行けますか~?70歳でも?」By竜也
「話が合えば」Byユッチ
で、竜也は「オレは絶対無理ですね~、70歳」←この70歳の部分はとってつけたようだった。
「歳、若干気にする。」「現実的に考えたら気にするじゃないですか。」By竜也

上田竜也サマ、是非、ものすごーく年上の女性と、現実を忘れるくらい、歳が気にならなくなるくらい、それ程までに熱く激しく狂おしい恋を経験してみて下さい。 

で、この辺から、竜也が妄想の世界に入ったのか、こみあげる笑いを抑えきれず、一人で笑い続けながらユッチをからかう。
「中丸君、70歳の人と忍者の話をしたら盛り上がるんじゃないですか~?」
「昔はこんな忍者がいた~とか」
笑いが全然止まらない・・。
ついには大笑いしている・・。
一人で大受けしている・・。
なんか、可愛い。
こんなしょうもないことで笑えるなんて。

キィ・ワードは忍者ね。
私も「忍び」の練習しておこう!!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

愛してるんだけどバトン!

ローマは雨の季節になりました。
実は、今、ウチから歩いて10~15分くらいのところで、ローマ国際映画祭をやっていて、色んな俳優さんや監督さんがレッド・カーペットを歩くだけでなく、ファンとの交流会とやらも開催されているのですが・・。

red carpet nicole kidman monica.jpg

全然、行く気にもならない!
竜也のことで頭がいっぱいで・・。
去年まではね~、ミーハーだから、一応のぞきにいったものなんです。
↑の写真は、去年の二コール・キッドマンとモニカ・ベルッチ。
おととしのトム・クルーズの時は、あまりの人だかりで、ズームで写真を撮っても豆粒くらいだったけど。

頭の中は、まだまだ竜也の舞台のことでいっぱいだけど、だいぶ落ち着いてきたかな・・。
なんといっても、日程がはっきり出ないことには、どうにも動けないわけだから。
とりあえず、マイレッジの確認と3月、4月の主な行事だけはチェックしたけど。

東京、大阪圏に住んでいらっしゃる竜担さんたちは、いかにして全ステするかor全ステしないまでも、出来るだけたくさん行きたいという、私から見れば羨ましい限りのお悩み・・。
私の場合は、1度行けるか行けないか!

詳細出てから悩みます。
それまでは、努めて平常心、平常心!!

では、ゆきんこちゃんからバトンを頂いたのでやってみまーす。

<愛しているんだけどバトン>

1、包み隠さず全て語ること
2、アンカーを突っ走るのは禁止
3、指定されたキャラの萌を語ること
4、指定するキャラは男の子キャラであること
5、回されたら何回もやること

指定→上田竜也

初めて出会った場所は?
「野ブタ」の亀に堕ちて、チェックするようになった「ザ少年倶楽部」、なんとも変わった雰囲気の子がいるなぁ、変なの!と思いながらも、なぜか視線はチラチラ彼の元へ。
落ち着きがないし、挙動不審だけど、ああ見えても、ボクシングをやっててメンバー全員からの尊敬を一身に集めている子なんだ、と勝手に思い込んでいた。
今にして思えば、あれが運命の出会いだったんだわ~。

どこに萌を感じる?
低音の美声、R-One KAT-TUNの男子上田(←かっこいい)
サングラスをかけた竜也のとんでもないグラマラスさ(←かっこいい)
キラキラ笑顔(←可愛い)
ぽかーんと口開けてるとこ。
手をたたいてバカ笑いしてるとこ。

M?それともS?どっちでいて欲しい?
他の人にはS!
だけど、私の前ではMでいてね(私、Sなんで)。

どんな仕草が萌?
唇をかみ込んでお口をキュっと結んで、うなずくとこ。
これ、前はイライラしてたんだけどね。

好きなところは?
いつまでも少年の心を失わないところ。
純粋でピュアーなところ。
不器用なところ。
結局、全部おんなじことなんだけど。

嫌いなところは?
すきっ歯!!
「歯、矯正しろよ!」といつも言ってる。
山Pはもっとひどい歯並びだけど・・。
人に見られるお仕事なんだから、歯並びは一番大切なんですけど・・
ジャニの子は全般的に歯並び悪い子が多い。
歯並びが悪いと百年の恋も冷める~
竜也はそこまでじゃないけどね。

望んでいることは?
1、竜也が全国区の有名人になること(どのような手段でもいい)。
まだまだ、普通のお茶の間には、カツンすら浸透してないのが現実・・。
SMAPクラスになって欲しい!
2、音楽にかける気持ちは分かるけど、それだけにこだわらず、色んなことに挑戦して欲しい。
そして、音楽にかけるのなら、もっと勉強すべき。ピアノだけでなくギターもも一回始めて、曲作りもバラードにこだわっちゃダメ!
3、マウピーのDVD化

もっとこの子と絡んで欲しい人は?
ロバ丸は言うまでもないんで省略。
KAT-TUNの中だったら断然亀!!
この二人、実はすっごく合うと思う(内面的にもビジュアル的にも)。
他のジャニだったら、V6の岡田くん。
ストイックなところが竜也に似ていると思う。

この子を描くときに特に主張して描く所は?
綺麗なおめめ、先っちょが少し上向きの鼻、厚い唇。

家族にするなら?
出てけ!と言っても、絶対に出て行かない居候。

学ランとブレザーどっちを着て欲しい?
そりゃあ、やっぱりブレザーでしょう!
あくまでも品よく。

私服ではジャージとGパンどっちでいて欲しい?
Gパン。

結婚したい?
したくない。
絶対に性格が合わないと思うし、そういう対象ではないの。
間違いなく男として好きなんだけど、男の性は感じたくない。
だから、裸の竜也には興味がないの。萌えない。

最後に愛をどうぞ
竜也が幸せなら私たちも幸せ。
私たちが幸せなら竜也も幸せ、だよね。
竜也と私たちの笑顔は相互リンク、だよね。

回したいヲタさん5人にどうぞ
え~、3人で勘弁して~。

リンクはしてないんだけど、

私の初めての竜友、ケイちゃん「上田竜也」

私の敬愛するカツン大先生、樹璃ちゃん「田口淳之介」

最近知り合ったばかりだけど、智子ちゃん「上田竜也」

時間のある時でいいからね~。
スルーしても全然問題ないよ~(ごめんゆきんこちゃん、これじゃバトンにならないか~)

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

NAOさんのブログ

昨日は、朝起きてすぐに竜也の舞台のお知らせをもらって、結局、一日中、何も出来なかった。
本当になんにもしなかったの。

一人で慌てふためいたって、事態は何も変わることはないのに・・。

でも、落ち着かないの!
いてもたってもいられなくなってしまうの!
そのことしか考えられなくなってしまうの!

そんな私は、完全に母親失格!主婦失格!人間失格です!
あ~、自己嫌悪!

カツンのツアーが決まった時もこういう風になってしまうし、竜也のソロコンの時もそうだった・・。
しかも、この状態、コンが終わるまでずっと続くの・・。

まだまだ詳細も分からず、申し込みだって先(?)なのに、今からこうじゃ、先が思いやられる・・。
私、こんなんでまともな社会生活送れるかなぁ。
年末年始は乗り切れる?

どうして、こんなにも竜也に翻弄されてしまうんだろう?(←仕方ないか・・)

今日こそは、まともな一日を送ります!
神様と天使(どこの天使だ~?)に誓って!!
きっぱり!!

ところで、KAT-TUNの新曲「White X’mas」を作曲して下さったNAOさんが、ご自身のブログで、嬉しいことをおっしゃって下さっています。

昨日、メールマガジンでお知らせがあったんで、知ってる方も多いと思うのですが・・。

「~~(略)~~ってかKAT-TUNの新曲かなりヤバす!ってか、まじ泣きしてしまいました。~~本当にすごいね彼らは。~~声から伝わる想いがこんなにもストレートに表現できるのって~~~」

きゃあ~楽しみだわ
やっぱり泣けるくらいに素敵なバラードなのね~

ちなみに、NAOさんのブログはこちらです。
Start To Smile

<私信>
ゆきんこちゃん、バトンはしかと受け取りました!
楽しみながらやってみるね~!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

え~っ!!

ただいま、こちらは朝の8時半です。
さっき、PC立ち上げたら、お友だちからメールでお知らせが・・。

2009年舞台公演決定
主演:上田竜也
3月グローブ座
4月大阪サンケイホールプリーゼ


詳細はYOU&Jの郵送案内って!!

早く知りたーい!!
舞台って、舞台ですよね。
そのままの意味でとっていいのよね~。
マウピーじゃなくて、また別の、新しいチャンスを与えてもらったのね。
グローブ座なんてすっごく小さいから、ジャニーズ・シアターどころじゃない近さだわ~。
しかし、チケ取りが、大変そう!
ものすごい争奪戦になること間違いなし!

しかも、私って、その時期、どうやって、日本に帰国すればいいんだろう!?
帰国はいつも6月中旬と決まっているのに・・。

はぁ~、危機的状況!!
いえね、飛行機のチケはあるのよ。
マイレッジを使えばいいの!
そうすれば、サーチャージだけで済むの!

でも、でもね、独り身じゃないからね~。
ど、ど、どうしよう!?
日帰り往復で3日間とか?
いや、最低5日は欲しい!
どうしよう!?
どうしよう!?

嬉しいけど、嬉しいけど、また悩める日々が訪れる・・。
早く詳細が知りたい!!

お知らせして下さったお友だちの皆さん、いつも本当にありがとう!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

バトン

ようやく昨日で、夏時間が終了しました~。
これで日本との時差は、7時間から通常の8時間に戻りました~。
良かったわ~。
このサマータイムのせいで、朝の7時でも真っ暗だったから、これからはごく普通の朝が始まる・・。

今日は、あいさんから頂いたバトンをやってみまーす。
あいさんは、ロンドン在住なんだけど、実は私も元々はロンドンに住んでいました。
UKロック・フリークだったんで、終の棲家はロンドン!って決めていたんです。
ロンドンに着いて、まず最初に行った場所は、もちろん「Piccadilly Circus」(ピカデリー・サーカス)、なんか、くらもちふさこの漫画の影響でね、ロック好きな子はまずここに!みたいな・・。

ピカデリーサーカス ピカデリー小 Pエロス エロス詳細

ふふふ・・、やっぱりヨーロッパはどこに行っても天使ちゃんがいるの!!
ピカデリーの真ん中にも有名なエロスの像が・・。
今ではもう竜也サマにしか見えなーい!

<バトン>
☆3日以内に書くこと
☆嘘偽りなく答えること
☆アンカー禁止
☆回した人は、その人がちゃんと書いているか確認に行くこと。
☆書いてない人には罰ゲームをやらせること。

<自己紹介バトン>

回す人の名前3人
 藤乃ちゃん
 ユロハちゃん
 くみきぽちゃん

<あなたの名前>
繭(まゆ)ちゃん (←竜也を思う時は女の子なんで、ちゃん付け)

<あなたの年齢>
28歳
この間、骨の精密検査したら、「あなたの骨年齢は、28歳ですね」と言われて舞い上がった!

<好きな物>
竜也とKAT-TUNに関するもの全て
腕時計、コルビジェとフィリップ・スタークの家具
黒いお洋服

<今現在の恋人>
もちろん上田竜也(一方的だけど)

<好きなタイプ>
その1)背が高くて、がっしりした体型。KAT-TUNで言えば、もうちょっと背を高くした赤西仁。
その2)ナルシストで自意識過剰、ヘタすればキザだと思われるタイプ。サングラスをかけた竜也がこれかなぁ。

<嫌いなタイプ>
顔に油が浮き出ているような人。
自信過剰な人。

<好きな漫画>
タイトルは忘れたけど「くらもちふさこ」の一連の作品
「従姉妹ヴァレリア」
「アドルフに告ぐ」
「北斗の拳」
「宇宙戦艦ヤマト」(←DVDセット、買ったよ~)

<好きな食べ物>
たこ焼き、お好み焼き、鍋焼きうどん、ざるそば、天ぷら、えびフライ、湯豆腐、ベイクド・チーズケーキ、抹茶フラペチーノ・・って、全部こっちじゃなかなか食べられないものばかりじゃん。

<好きな音楽>
元々は、ロック!!
でも、今では、ジャニーズもJ-POPも大好きでーす!!

<好きなブランド>
プラダとブルガリ

<送り主を色にすると>
あいさん=黒
やっぱり、ロンドン在住だし、ロッカーだし、トレンディでお洒落なイメージの黒。
ものおじせず、何でもはっきり自分の意見をいうところで、白黒はっきりしている黒!!

<回す人を色にすると>

藤乃ちゃん

なんとなく優雅で上品なイメージ。
だから、イギリスでは高貴な人の色とされる紫。

ユロハちゃん
ピンク
すっごく可愛くて女の子っぽいから断然ピンク。

くみきぽちゃん

何事にも熱く、誰にも妥協しない強さを感じるから。

<罰ゲーム>
どうしましょうか~。
3回まわってワンと言うとか~?
うーん、皆さん、竜也を愛する方ばかりだし・・。
そうだ!
「竜也をあきらめます。繭(まゆ)ちゃんにゆずります。」っていう、偽エントリーを出してもらおうかな。
それがいやなら、バトンよろしく~。

>私信
あいさん、おかげで楽しめました。
ありがとう!
でも、私って青のイメージなの?
意外だなぁ。
私、ロンドンの夕暮れ時、切り裂きジャックが街角から今にも現れそうな、そんな暗いロンドンの街が大好きなの~。
明るい国は好きじゃないのに、人からは「いかにもイタリアだ」と言われるし・・。
プンプン。
なんでだろう?



テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

Natale Bianco

エントリーのタイトル、「Natale Bianco」(ナターレ・ビアンコ)、イタリア語で「白いクリスマス」という意味です。
あんまり響きはよくないな~。
英語と日本語の方が、よりロマンチックな雰囲気出る感じ。

さて、「White X’mas」の予約、Amazonで無事済ませました!
ひとまずは、これで安心!
でも、これ、X’masで正式名称なのでしょうか?
Christmasじゃないのかなぁ。

いずれにしても、「ホワイト・クリスマス」
12月発売で、ラブバラードで、このタイトル!
それだけで、もう、うっとりしてしまう。

カツン担の皆さん、それぞれに妄想を膨らませているようですけど・・・
自担に天使を重ねて、白い衣装を・・って。

でもねぇ、こう言っちゃ何ですけど、「ホワイト・クリスマス」→「白い天使」と言ったら、ここはやっぱり「上田竜也」って、こうなるのが普通ですよね~。
特に最近のたっちゃんは、柔らかく優しい感じがするから、白の衣装はぴったり!!

同じ白でも「喜びの歌」の時のスーツ(あ~、あれも超かっこよかった!)は、ダンディで知的な感じだったし、その昔の「Love in Snow」は、天使は天使でも、はかなげな天使。
今度は、余裕で大天使に昇格でしょうね。
あ~、でも、冬に極寒の地から渡ってくる白鳥みたいな感じでもいい。

天使といえば、ローマにはたくさんの教会があって、そこには星の数ほど天使の絵だとか彫刻が飾ってあるのだけど、私の一押し天使の彫刻はこれ!!
「勝利の女神教会」にある「聖スザンナの恍惚」

 Estasi di Santa Teresa 拡大

これは、バロック時代の巨匠、ベルニーニの作品で、神の愛で心臓を貫かれ神と一体化する聖女スザンナを表したものなんだけど、彼女の心臓に愛の矢を射ようとしている天使が、私には竜也サマに見えて仕方がないの~。
先っちょが上を向いた鼻とか、小鹿のような目とか、いたずらっぽく微笑む表情とか、すっごく似てるのよ~。
写真が小さくて分かりにくいかな。

しっかし、恍惚って訳がつくけど、イタリア語ではESTASI、つまりエクスタシー。
神の愛と一体化する聖女。
聖女スザンナをお祭りしている教会の、聖なる奇跡を象徴した彫刻なんだけど、見ているこっちが恥ずかしくなるほど、スザンナ様、エロイ顔しているんですよね~。

話がそれたけど、とにかく、たっちゃん、期待しているからね~。
私のハートを射抜いてね!
あ!もう、既に射抜かれていた・・。

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

Cartoon KAT-TUN No.81

はぁ~、昨日は本当にバタバタな一日だった~!
朝一で、KAT-TUNの新曲発売なんて、とっても嬉しいニュースが入って、すっかり「」(←KAT-TUN6人分の)状態の私。

テンションが瞬く間に上がってしまって、本当は早急にミネラルウオーターの買い出しに出かけなきゃいけなかったのに(でないとお茶もコーヒーも入れられないし、ご飯も炊けない)、日本のお友だちとメールのやりとり、イタリアのカツフレへのお知らせメール、とりあえずの「新曲発売」エントリーのUP、そうしたら今度は、淳友さんから「金曜日」の話題が飛び込んできて(ゴシップはスルーするのが私のスタンスですが、話の流れですのですみません)・・

気がつくと、もうお昼の支度ギリギリの時間、間に合うかなぁ、と慌てて車を出して・・。
私には手のかかるやつが約1名いて、イタリアでは給食もお弁当もなく、家で食べるんです。

そうして午後からは学校の役員会へ。外人の私が役員だなんてね~。
帰宅してからはお家のことを色々。そして、手のかかるやつのためにプリント作成。で、カツカツを見て、NHKのニュースウオッチ9を見て、「七瀬ふたたび」を見て、またPCの前。

なんだか、関係のない前置きがやけに長くなってしまいました~。

カツカツの感想行きますね~
えっ!?
ロバ丸の連弾なかったの~?
二人でキィボードの前にいるのって、たったこれだけ~?
私、今回はこの二人がかなりメインで出るのかと、勝手に想像しちゃってた~。
でもでも、竜也サマの「才能がねぇなぁ」発言等、いちいち萌えてしまう。
小さな喜びを必ず見い出せるのよね~、竜担は!

妖精・清水ミチコもといプリンセス・センコーのご登場に苦笑いする竜也がいい!!
マウピー以来、どうも、私は、竜也の笑顔フェチになってしまったようです(それまでは特にこだわりはなかった)。
替え歌、面白かった~!
すっごい受けたわ!竜也にも!私にも!(中丸くんにも!)
デヴィ夫人バージョンでは、竜也、下向きでお口を横に大きく広げて「クックックッ」と笑っていたし。
この笑顔のパターンも好きー
田中真紀子バージョンでは「はっはっはっ~」と大笑い!
だいたい、苦笑いか、クックックッ、はっはっはっ!!
竜也のニットと裸足はもう定番化されてるな~。
これ見ると安心するようになったわ。

清水ミチコって面白いわね~。
私、あまりどういう人か知らなかった・・。
物真似すごいのね。
聖と仁の部屋での「溶け込み写真」も、亀と淳の部屋での「物真似」もとーっても面白かった!

それにしても、仁ったら、かっこいいわ~!
絶対ダンナにしたいタイプ!!O型だし!(ごめん、たっちゃん)!

聖もどんどん男っぽくなってくるわね~。
それでもって、彼の持つ本来の優しさが顔に出て来た感じ。

亀ちゃんもやっぱりかっこいい~!
この方はなんといっても私の原点ですからね~。
また成さんの物真似したね。でも物真似はKAT-TUNの中で一番上手いよ!

淳も最近、以前にも増して飛びっきりの笑顔をする。
この子の曲がったとこのないポジティブな性格好きなんだ~。

この6人での新曲早く聴きたーい!!
TVに露出し始めるのは発売前からだし、雑誌祭りもワンサカとあるだろうし、11月は楽しみが増えそう!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

KAT-TUN 新曲!!

今朝起きたら、お友だちからのお知らせメールが・・。
ビッグ・ニュースが飛び込んできてビックリ!!
R-Oneで感じた予感は正しかったのね~

KAT-TUNの新曲発売決定ですって!

「White X'mas」
12月3日に発売です!
本格的なラブバラード!!
初回限定盤には、ビデオ・クリップ+メイキングを収録したDVD付き、更にメンバーの最新フォトを使ったブックレット付きだって!!
期間限定生産盤は、カラオケつきの廉価版。

やっと、やっとだよね~。
しかも、ラブバラードだなんて、ロックの続いてたKAT-TUNとしては久しぶりじゃない!
きゃあ、嬉しい!!
たっちゃんもバラード好きだし、色んなアイデア出したのかなぁ?
何曲か候補があったとしたら、
「オレはこれがいい!絶対にこれ!!」って頑固に言い張ったんだろうな~。

KAT-TUNの6人の歌声が聴ける~!
楽しみ過ぎる!!
生きる希望がわいてきたわ~(なんて、大げさ!?)

今日はカツカツの感想を書く予定だったんだけど、とりあえず、嬉しいニュースをUPしてから、これから、また、まともな社会生活の諸事でお出かけです。


テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

R-One KAT-TUN No.134

今日は、お花のお稽古でした。
といっても、好きで始めたわけではなくて、ローマで一番仲良しのお友だちが教えているんで、お付き合いで通ってるって程度です。
でも、もう師範なんで月に1回だけ。
正直、月1で行くのも時々面倒になる・・。
だって、彼女の家はものすごーく遠いから。
ローマの郊外なんで、車で片道45分もかかるの。
でも、たまには、まともな社会生活もしないとね~。
で、彼女のお宅、郊外にあるんで、お庭も広々、大きなおうちです。
そして、本日の私の作品。壷は難しいんで嫌いなんですが・・・。

チルチ家 お花

さて、R-Oneの感想でーす!
たっちゃん、ユッチ、いつものワキャワキャだったね~。
しかし、スペシャルウィークって何がスペシャルだったの~?
罰ゲーム決まるかもしれないスペシャル?

たっちゃんたら、先週罰ゲームにリーチをかけたユッチを「地獄へたたき落とす」なんて、最初はずいぶん鼻息荒かったわりには、まさかの敗北・・。
ダブルリーチになっちゃった!
罰ゲームの女神はユッチに味方したか~。

それにしても、ユッチが見事正解の「体育祭で一番嫌いだった競技」の第1位が、「組み体操」だなんて・・。
なんで~?
私には分からない。
すごい意外な第1位でした。
まぁ、たっちゃんの騎馬戦はありえないと思ったけどね~。
だって、リスナーは女の子でしょう!?

でもでも、たっちゃんたら、リスナーのお便りにあった「出陣、女の戦い」(女の子版騎馬戦)に超受けてたし~。
「大奥みたい」
「超見てみてぇ~」だって。
男子だなぁ!
可愛い!

あと、「パン食い競争がエロイ」って。
これ、分かる気する~。
だって、パンに食いつく時、大口開けるし、食いついてからも、その勢いで紐を引きちぎらないといけないんだもん。
人間の三大欲望の一つ、食べることがむき出しになってしまうからね~。
私も高校生の頃(女子校)、飴食い競争で見事1位になったものの、その瞬間=まさに飴に食いつくその瞬間の姿を写真に撮られて、校内に張り出されて、別に恥ずかしくはなかったけどさぁ、やっぱ竜也サマには見られたくないかなぁ。

と、ところで、ユッチが曲選びの時に発した言葉・・
「KAT-TUNも新曲とかまだ・・」
これ、どんな風な言葉が後に続くんだろう!?
「~新曲とかまだ発表しちゃいけないから」
「~新曲とかまだレコーディング中だから」
「~新曲とかまだ決まってないから」
「~新曲とかまだ先の話だから」

あ~ん、期待しちゃうわ~。
ドカーンと来ちゃうかもね。

たっちゃん、「オレが罰ゲームしても面白くないよ」って、しつこくしつこく言ってたけど、きっと面白いよ~。
去年みたいに公開録音でやったら、たっちゃんノリノリで何でもやってくれそう!
まぁ、どんな罰ゲームかにもよるけどね。
来週こそ、どちらが敗者になるか決まるわけだから、そういう意味では本当のスペシャルウィーク!!いや、でも、引き分けってこともあるか・・。

メールワンKAT-TUN
アブリル・ラヴィーンのコンサートに行って、大好きな曲を聴いて感動して泣いたというリスナーさん。
そういう経験は?
たっちゃんたら、「曲で泣くなんてもってのほか」なんて言ってるよ~。
「そんだけ響くのって、なかなかないよね~」だって。

もう一つのお便りは、少女まんがを読みますか(詳細略)?
「姉ちゃんがいるから呼んでましたねぇ」
それで、
「姉ちゃんが大きくなるに連れて、だんだんエロイシーンのある~」
「小学生ながらも~」

今日のたっちゃんは、男子丸出し~!!
とっても可愛い!

内緒の質問は、分かりませんでした。
勘良くないの、私。
ひらめきがないタイプ。

「右」
「基本、右」
「意識するもんじゃない」
「まぁ、右ということでいいんじゃない?」
「真ん中、絶対ない!」

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

余韻の中で・・

まだまだプレミアムの余韻に浸りきっています・・。
朝一でリピして、キラッキラッの竜也スマイルを見ると、今日も頑張ろう!って気になる。
やっぱり竜也マジックは凄いなぁ!
それで、今日はヤボ用がたくさんあったんで、お出かけしてたんですが、帰宅して郵便箱を見ると、とっても可愛いPINKの封筒が!!←私もPINK大好き!
「????」

封筒 ゆきんこ

なんと、お友だちからのプレゼントでした。
私信>ゆきんこちゃん、ありがとう!

竜也が縁で、たくさんのお友だちが出来て、本当に幸せ!
竜也を愛さなかったら、決して出会うことのなかった素敵なお友だち。
お友だちの輪はどんどん広がって、竜担だけでなく、KAT-TUN愛あふれる他担のお友だちもたくさん出来ました。
年齢も職業も住んでるとこもてんでバラバラだけど、それがかえって面白くて、嬉しかったりするの

竜也とKAT-TUNが好き
一緒に応援するみんなが好き
みーんな大切な私の宝物です


で、今日のエントリーはここで終わろうかと思ったんだけど、プレミアムの過去映像があまりに中途半端だったんで、ちょこっとだけ過去映像の旅に出ました~。
2003年すっぽり抜けていたしね。

やっぱり、私的には2003年の竜也もかっこいいんですけど~。
胸がキューンとなるんですけど~。
金髪パーマは似合ってるよ~(そんなこと言うの少数派だって知ってますが・・)
たっちゃんって究極の小顔で、顔の輪郭がとっても綺麗だから、あの髪型はいいと思うの。

2003年6月8日、亮ちゃんの「何になりたいんですか~?」
竜也はニコニコしているのに、Jrたちの過剰反応が面白おかしくしちゃった。
完全に雰囲気を変えちゃった感じ。
この状況を分析するために、見た当時は何度リピしたことか~。
「ハルカ」の竜也がかっこいい!セクシー!ワイルド!

2003年9月7日のアクロバット大会で大活躍(?)の竜也。
これもね~、そこにいるJrたちとお客さんたちが大笑いで、これ初めて見た時、私は深く傷ついたんだけど。
何度もリピして、笑ってない子探したもーん。
ただ、竜也のテンションがすっごく高かったんで、リハもあることだし、やっぱり演出かなぁ・・って。
でも、なんだか竜也が笑い者にされているようで、あの時は泣きたくなった。
KAT-TUNメドレーの竜也にやっぱりKOされる!

2003年9月14日、「お小言小言ひとり言」コーナー、竜也→亀の「人のお尻を気安く触っちゃダメよ」で前に出て来た竜也にヒナちゃんが「唇白いね~、自分」
竜→亮ちゃんのリベンジ編「僕に何が言いたいんですか~?」
またまたヒナちゃんが「続いて唇がちょっと白い方・・」「上田が笑ったで~」って!!
でも、ヒナちゃんの喋りには愛があるから、傷つかなかった。
「おもろい変わった子」って思ってるのが伝わったから。
今見ても、やっぱり金髪パーマの竜也をかっこいいと思う。

リアルタイムで当時見てた訳じゃないけど。
竜也を好きになって竜也の過去を追っかけたら、ますます好きになって・・。
七変化する竜也にすっかり魅せられてしまって・・。

で、2004年4月11日。
新曲「Le Ciel」の竜也が私的には超かっこよくって!!
これ見た時、「きゃあ~!竜也めちゃかっこいい!」って思った。
アンドロイドのようで、まるでDavid Bowieの「地球に堕ちてきた男」みたい!(←私は元々UKロック・フリークです。ちなみにDavid ご本人さまにもローマで会ったことあります。立ち入り禁止、厳戒態勢のホテルのロビーで)
で、たっちゃんの話、そんなアンドロイド風なのに、なおかつ、ものすごい妖艶さがあって・・。
それなのに、それなのに、風が吹いて前髪が上がった時に見えた顔が、少年の「あの」顔

竜也の良さはこれだよね~。
基本の「あの」少年の顔!!
どんなにかっこよくても、どんなに綺麗でも、この少年の顔「竜也」が垣間見える瞬間というのがいい!
これに尽きる!

MOUSE PEACE、そして、プレミアム竜也を見た後に、今、こうして、こーんな過去映像を見てみると、全然余裕で楽しめる私がいた!
そして、やっぱり胸がときめいて、きゃあ~となってしまう。
竜也の軌跡を見て、どの時代も好きだって言えるし、そんな過去が積み重なって存在する今の竜也が一番好きだとも言える!
これからも、ずっとずっと、その時その時の竜也を一番好きでいたい


テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

竜也プレミアム!!

たっちゃん、たっちゃん、たっちゃーん
いつまでも呼び続けていたい
何度でも、何度でも
それが私の今の気持ち。

やっぱり、たっちゃんのキラキラ笑顔が一番好き~!!
史上最強ビジュアルだぁ~!
私の中では、もう、「かっこいい」とか「可愛い」とか、全てを超越してる・・。

この人のどこにこんなに惹かれるのか、どこが好きなのかなんて、100の理由を連ねてみたって何の意味もない。
理屈なんてない!
感覚的なものとしか言いようがない!
人間、上田竜也が好き
大好きで大好きでどうしようもない!

落ち着いてしっかりとお喋りする竜也。
ふーん、やっぱりねぇ、喋るのが苦手とかそういうわけではないんだね~(ラジオの竜也で分かってはいたけど・・)
なんだか竜也がとっても常識のあるお利口ちゃんに見えたよ!(←実際に常識あるお利口ちゃんですが・・)
そして、品があるんだなぁ!竜也のかもし出す雰囲気の中に!!

全体として受ける印象は、とっても真摯な子だということ。
そんなことは分かっていたけどね、素直でピュアーな子だから、真面目に決まってる!

唇を噛んでお口をきゅっと結ぶ癖はもう気にならない!
唇を手で触ったのと、舌をお口の中で転がして頬にあめ玉みたいなのを作るのが1回ずつあったけど、許す、許す!!
しかし、黒のもこもこパーカーセーター、いったい何回肩からずり落ちた~?
竜也らしいな、まったく~!

前髪がツンツンと目に突き刺さりそう。
それでもってサイドは外ハネカールをきかせてる。
横から見ると綺麗な巻き髪スタイルで、後ろはちょっとピンで留めてるの?
うなじがちょこっと見えるような、見えないような・・。
お洒落な子だなぁ、ホントに

過去映像を真剣な表情で見つめる竜也。
口をポカンとあけて身を乗り出して見てたよ。
この表情も好きなの!

ロックのキャラや妖精キャラが間違いだったって言ってたけど、本当はそんなことないでしょ!?
過去の自分を振り返って、笑い飛ばしたり、パロディー化する余裕が生まれたってことだよね。
だって、そういうのが全部、今のたっちゃんを作って、Mouse Peaceの中の構想にもなったんだから。

私はいつの時代の竜也も好き
色黒にこにこBOYも、ロックも、妖精も、笑わないキャラも好きだったけどな。
ルシエル君も大好きなの~。
何やってもサマになる子だったのよ~!
でも、今の竜也を見てると、やっぱり竜也のキラキラ笑顔は史上最強だから、笑ってる方がいいね!

あ、ダンスはダメだったなんて言ってるけど、そんなことないよ~!
初期の頃からのファンは、あのダンスが好きだったんだよ~。
手足が長いからきれいに踊ってたじゃない!

きゃあ~、笑いながらボクシングする竜也がかっこよすぎる~!
真剣な表情でサンドバック打つ姿にもしびれるけど、こんな風にキラキラ笑顔で楽しそうにやってる竜也を見ると、思わず微笑がこぼれて、心が安らぐ・・。

はい、プロのライセンスとって下さい!と今なら素直に言えそう。

そして、待ちに待った竜也ソロコン、Mouse Peaceの映像が・・。

「LOST」が始まった途端、もう胸がいっぱいになる・・。
こみあげてくる、得体の知れない何か大きなものが・・。
あの時の感動がよみがえる・・。
2曲目だったね。もう何も言葉が出ないほど、ステージの上の竜也を見つめることしか出来なかった私・・。
仰々しい巻き舌は、いったいどこでマスターしたんだろう?
完全に発音が「ROST」になってるの。

「Love in Snow」
また胸がキューンとなる。
胸をしめつけられるような思い・・。
思い出すな~、4曲目、最初のMC後で、雪がはらはら降ってきたの。
触ると溶けて、「これって泡だよね」とお友だちと話した。
そして、「あの時の白い衣装で歌ってほしかったよね」とも話した。

「Le Ciel」
ルシエルくーん
あ~ん、頭の上でくるくるひらひら舞うルシエル君、忘れられな~い最高だったよ~
おフランス風に仕立てられたステージ構成に、あの時、実に感心させられたものだったけど、お人形風のダンサーさんが妖精だったとは・・さすがにそこまで私には読めなかった。
竜也って考えることが深いね~。
やっぱ天才だわ~。

久しぶりに見た(まぁ当然だけど)上半身裸で行うパフォーマンス。
鎖、ボクシング、命綱なしのロープパフォーマンス、瓦わり。

Mouse Peaceの竜也は、いつでもかっこよかった!
かっこいいかっこいいかっこいい~
何回でも言ってやる!
かっこいい~

いやぁ、やっぱり、Mouse Peaceをこのままで終わらせる訳にはいかないよ~。
あの楽しさを、あの感動を、ライブに来れなかった全ての人に分けてあげたい。
とにかくすっごく楽しめるんだから!!

今の竜也が持て得る全てのものを出し切って作り上げた最高のライブ・パフォーマンス
しかもね、それはね、回を重ねるごとに進化して行ったの!

たっちゃん、国分くんに言ってたね。
「チームワークを出すことを重視した」
「共演者、横並びで・・」
「注意というより楽しくやりたかった」

そうだよね、チームワークがなければ成り立たないステージだよね。
共演者(と、この言葉をあえて使う竜也が好き)と横並びでやれるのは、お互いの思いやりと優しさとチームワークがなければ出来ないもんね。
だから、竜也が願った通り、竜也も、バンドも、ダンサーも、ファンも、皆が皆、一つになれたんだよ
心から楽しめる最高のMouse Peaceになったんだよね

バンド活動、KAT-TUNの活動のかたわらに続けられるよ、きっと。
竜也は、時間はかかるけど、着実に夢を実現していける子。

DVDの発売とMouse Peace2009、今から楽しみにしているよ。

私は、竜也の笑顔を見れるのが一番の幸せだから

上田竜也様、私は一生あなたについていきます


N.B.文中、「上田竜也」の呼称が、竜也だったりたっちゃんだったりしますが、気分のおもむくまま書き綴っていますので、あしからず。

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

お知らせ

今日は、いよいよ竜也プレミアム。
朝からそわそわドキドキで落ち着きのない私!
あ~愛しの竜也さま~麗しの竜也さま~

ソロコンに対する竜也の思いを竜也の声で聴ける!!
MOUSE PEACEの映像も再び見れる!!
史上最強ビジュアルの竜也を拝める!!

私、どうなってしまうのかなぁ!?
全く予測がつかなーい!
一つだけ確かなことは、あの感動がよみがえり、竜也をもっともっと愛してしまいそう
今でも十分愛は溢れているのだけど・・。

本日は、とりあえずと言ってはなんですが、お知らせです。
これまで、相互リンクをさせて頂いているお友だちの紹介をしていなかったことに、はたと気がつきまして・・。
相互リンクをさせて頂いた順番にご紹介します。

あいさん、ロンドン在住の内博貴担。イケメンに関する審美眼は相当なもの。深い洞察力の持ち主です。
 London Night~Club Amour~

くみきぽさん、竜也に身も心も捧げた情熱的な熟女。独特の語り口で竜也愛を語りまくっています。
 ★ブラックエンジェルの虜★

ゆきんこさん、YOSHIKIと竜也とたっちょん、ちょっと気が多い可愛い子ちゃん。ミーハー魂が最高なの。
 ever free

ユロハさん、POPで可愛い表現でたっちゃんを愛でています。ふんわり、ほんわか暖かくなります。
 u_68

藤乃さん、竜也に始まり竜也に終わる。竜也愛全開の頼もしいお方。おっとりされてるようで芯は強い。
 ☆心草子 仁草子 やっぱりメインは竜也草子☆

どうぞよろしくお願いしまーす。

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

KAT-TUNの帝国

「KAT-TUNの帝国」なんて凄いタイトルですが、実はこれ、イタリアのKAT-TUNファンの集いの名称なんです。
もちろん、会員は、全員イタリア人の女の子。
いやぁ、最初にこの集いの存在を知った時には本当にびっくりしました!
アジアやドイツでのKAT-TUN人気は知っていましたが、いくら世界的な日本ブームとはいえ、このイタリアに、KAT-TUNを愛するイタリア人の女の子がこんなにいるとは・・。

ちなみに私も会員になりましたが、みんな若い!若い!若すぎる~!
だって、高校生がメインで、最高でも22歳くらいの大学生・・。
対して、この私は・・・

この集いを設立したのは、現在18歳の高校生、ユッチ担。
皆、日本にすごくあこがれてて、日本人に生まれたかった・・なんて言ってます。
だから、全員日本の名前を愛称として使っているの。
ユッチ担の彼女は、イタリア名がFederica(フェデリーカ)だからRika-chanっていう風に!
彼女のユッチ狂いはもう大変なもので、イタリアの女の子にユッチが受けること自体が私には意外だったんだけど・・。
いやね、ユッチはかっこいいですよ、確かに!
もし私に娘がいたとして、お年頃になった彼女が、ユッチみたいな好青年を「紹介したい人がいるんだけど・・」なんて言って家に連れてきたら、「でかした!」と、嬉しくて舞い上がってしまうと思うけど・・。
でも、イタリアの女の子が選ぶタイプではないと思うんだけどなぁ・・。

彼女らにしたら、女王コンに続き、「中丸君の楽しい時間」「SUMMARY」「MOUSE PEACE」に参戦した私が、羨ましいを通り越して、尊敬に値するようです。
いやいや、尊敬だなんてね、全ステを基本とされてる日本のお姉さま方に比べたら・・・

ちなみに、竜担には今のところ出会ってなーい。
メインで運営してる子がユッチ担、聖担、淳担。
何しろ、ファンの子は、北はパドヴァ、南はシチリア島、イタリア全土に散らばっているので、そうそう会えるわけでもないし。
とにかく皆KAT-TUN愛に溢れています!

こういう時代になったんだなぁ・・と感慨深いわ~。
日本のアイドルが、世界に通用するようになったんだから。

外国の若い子たちが、KAT-TUNを通して、遠い国、日本に興味を持って愛してくれるなんて、嬉しくなっちゃいます!
KAT-TUNって国際親善にも貢献してるのね~。

明日は、いよいよ竜也プレミアム!
もう、楽しみで楽しみで・・・・

テーマ : KAT-TUN
ジャンル : アイドル・芸能

ドラマ

こっちの衛星放送では、いまだに「太陽と海の教室」「エジソンの母」「相棒Season6」「貧乏男子ボンビーメン」なんてのをやってるよ~。
信じられない!!
遅いっつーの!

だから、夕べもNHKを見ちゃった。
「七瀬ふたたび」
筒井康隆の原作は昔読んでたけど、その昔、多岐川裕美主演でやったNHKドラマは知らない。
先週の第1話を見て、出演している「塩谷瞬」がめちゃくちゃ好み~と思って、イケメン評論家のお友だちに評価をお尋ねしたら、「DAIGOのケモノ版」とばっさり・・。
しかし、昨日第2話を見たら、確かにDAIGOを野獣っぽくした感じかも・・と納得!
でも、ワイルドな感じがいいの!!
たっちゃんもどちらかと言うと、ワイルド系だと思うんだけど・・
違う!?ごめんなさーい

今期のドラマ、KAT-TUNからは誰も出演しないのが本当に残念だけど、私が一番楽しみにしているのは、今夜から放送の「流星の絆」なの!!

「ラストフレンズ」で、役者としての亮ちゃんを本当に見直した私。
いやぁ、亮ちゃん良かったわ~!
怖かった~。
毎週毎週、本当に楽しみで、宗佑コールしてたもん。
もちろん、上野樹里ちゃんや瑛太の上手さは言うまでもないけど・・。

でもでも、ジャニーズアイドルなのに、あえて、あの役を引き受けた亮ちゃんに、男・亮ちゃんを見た気がした・・。
アイドルの亮ちゃんを知ってて、ドラマだと分かってて、それでも怖いと感じさせる亮ちゃんの演技は凄かった~。
もう、ただ、そこにいるだけで怖かったのよ~。
でも、DV男の役柄だったから、ファンの間では賛否両論だったんだろうなぁ・・。

あ、でも、ラストは私も気に入らなかったけどね・・。
あと、視聴率が思いもかけず(?)良かったからなんだろな、途中から「引っぱってる感」が見え見えになってSTORY展開がウダウダしてたし、その割には、皆が抱えるそれぞれの問題の描き方が中途半端だったところも不満。

昔は、何でもポンポン言っちゃう、冗談か本気かの区別がつかない亮ちゃんに傷ついたこともあったけど、今は大好き!!

そんな亮ちゃんと二宮くんが出るんだもんね~
なにげにニノのヒョウヒョウとした演技(特に「硫黄島からの手紙」)も、好きなんです。
STORYも面白そうだし、私的には、絶対に見逃せない!


たっちゃんもね~、音楽一筋みたいだから、本人もドラマとか興味ないのかもしれないけど。
でも、何をやるにも、知名度があれば、ずっとずっとやりやすくなるからね~。
どうしてもドラマのたっちゃんが見たいって訳じゃないんだけど、もっと大きくなるためにも色んな経験を積むのは悪いことではないと思う。
私的には、たっちゃんは、NHKの朝の連ドラでもいけると思うんだけどなぁ・・。
もちろん、主役なんて無理だろうから、小粒でピリッと辛い山椒的な役でね。

Cartoon KAT-TUN No.80

カツカツの前半は、聖主催のマニアックなオフ会。
漫画ヲタが集まってる・・。
貫地谷さんってこんな子だったのね~。意外。
ヲタクの星、リキマルさんとイトウさんは明るいキャラでびっくり!

ここに仁とユッチが呼ばれたのは、まるっきり話が通じないから、そのリアクションを期待されて呼ばれたのね~と勝手に推測。
でも、どんな漫画かそのSTORYさえ知らないからリアクションも何もないよね~。
ユッチはともかく、仁はこれまで漫画、アニメ、ゲームとか全く興味なく生きてきたから、本当に訳分からない顔してる~。
二人とも、引いていたというよりは、ただ唖然としてた感じ。

私は、というと、たっちゃんいなかったけど、意外に楽しめた。
「北斗の拳」はイタリアでも伝説的なアニメで、私もこっちで見て、すぐはまったから。
コミックも全巻買ったし~。
それに、ヲタトーク聞くのも、面白かった。
やっぱ、部外者のことは構わず、話の分かる者同士で、テンションUPして盛り上がるとこが、ヲタ!?
私も気をつけようっと!
一般友についうっかり竜也がいかにかっこいいか語ってしまうことがあるからなぁ。
つまんない思いとか退屈な思いさせてたんだろうな~。

後半のスリルカジノ。
水がいっぱい入ったコップにコインを入れて(1人3枚まで)いくゲーム。
水がこぼれたらアウト!!
たっちゃん、コインの入れ方がヘタ~!
もっと繊細に入れなきゃー。
全然大丈夫なのに、これじゃ、コインの振動で水こぼれちゃうよ~。
でも、「あぶねぇー」の竜也がかっこよかったから許す。

ユッチったら、竜也の言うことはちゃんと聞くのね~。
2枚入れて、3枚目も「絶対行けるっしょ!」って自信あったのに、「失敗しても知らないよ」「オレ、知らないよ」の言葉に、素直に「じゃ、やめるよ」

来週は、期待していいよね。
ロバ丸コンビのキィボード講座、たっぷり映ってくれるよね!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

R-One KAT-TUN No.133

あ~、やっぱり竜也のこの声好き~
胸がキューンとなっちゃう
知的で大人の男って感じだわ~!
こうやって1週間に1度、ラジオで竜也の生声を聴けるって、本当に幸せ

ユッチとの会話で入れる相槌「ん・・・ん・・・」「おやおや」が好き

今回はなんと言っても内緒の質問にウキウキしちゃった!
最初っから答えが分かる内緒の質問なんて、今まであったっけー?

(竜)俺は巻いてる方がいいですね。
(雄)決まり?
(竜)ゆるめでもいいけど・・いや、真っ直ぐはヤダ!
(雄)あ、そう・・。
(竜)ピーンピーンっていうのがいるじゃん。
(雄)あ、ピーンピーンっていうの、あれヤダな。
(竜)いかにもって感じのがあるじゃん。
(雄)ほどよい感じはダメなの?
(竜)まぁ、どっちかって言ったら、ちょっと自然なウェーブがあった方が俺は好き!
(雄)あー、そう言われたらそうだな。くるくるしてる方だな。
(竜)可愛いじゃん、そっちの方が。
(雄)でも、それって自分でやってるってことでしょ?
(竜)どういうこと?
(雄)くるくる
(竜)あ、そうそうそうそう。
(雄)自然なのが好きなんだ、オレ。
(竜)自然なのってどういう・・・
(雄)逆に言うと、やり過ぎてる人っているじゃん。
(竜)まぁ、それはヤダよ、もちろん俺も!
(雄)やり過ぎだよね~。
(竜)爆発してるやつとかね、ああいうのはヤだけど。
(雄)これ、どっちって言うと、また難しいね、深く考えると・・。
(竜)ん・・・、でも俺は・・
(雄)くるくる?
(竜)ちょっとこうクシャッとした感じの・・
(雄)自然な感じの・・
(竜)そう。
(雄)軽く手が入ってるくるくる・・
(竜)そうそうそうそう。
(雄)あー、そう言われたらそうだな。
(竜)の方が絶対いいんですよ、これは!色気を感じますね~。
(雄)これはもう、完全に今回のは読めたな・・・・女の子の髪型ですよ~
(竜)ふふふ・・・言っちゃったよ!
    
この笑い方が大好きなの
すごいツボなの!
あー、これを文字化できないのが辛い!!

きゃあ~私、巻き髪でよかった!
本当は直毛だけど、パーマもかけずに、小学校5年の時からずっと巻き髪にしてる。
もうとっくの大昔に女の子じゃなくなっているけどさ・・。

でも、たっちゃんの言葉の一つ一つに一喜一憂している私って、やっぱ女の子だわ!
イタ過ぎ!?
いやぁ、でも、そういうもんでしょ。
こんな風になれる自分が嬉しい!
こんな風にしてくれる竜也が大好き

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

上田竜也への愛

これは、ここ何日かの間、ずっと模索していたことの、私なりの結論です。

上田竜也を愛してる。
誰もが、自分だけのとっておきの上田竜也像を持っている。
それは、「可愛い」だったり、「女の子みたいに綺麗」だったり、「子どものように無邪気」だったり、「ロバ丸コンビ」だったり、腰の振り方がエロイだったり、セクシーだったり、ちゃらいだったり・・。
低音の美声だったり、鼻にかかった甘い声だったり、ギターを弾くロッカーだったり、ピアノを奏でるミュージシャンだったり・・・。
そして、私のように、たっちゃんの中の「男」の部分に惹かれて「かっこいい」と思う少数派だっている。

上田竜也を愛してる。
その愛し方は100人いれば100通り。
100%で全肯定するのも愛なら、ダメ出しをするのも愛。
黙って見守ることも、涙を流すことも、微笑むことも、苦しむことも、怒ることも、時には否定することも、ぜーんぶ愛。
乙女チックになるのも、母親目線で見るのも、それは人それぞれ。
その時、その場所で、愛は姿を変えることだってある。

上田竜也に求めるものだって、人によって違うかもしれない。
それは、癒しだったり、ときめく心だったり、音楽だったり、理想の男性だったり、アイドルだったり・・。

だから、たっちゃんのソロコンMOUSE PEACEを見て、素敵!と思いながらも、ダンサーさんにジェラシーを感じたり、命綱なしのロープアクションにハラハラして「やめてほしい」と思ったり、夢だったバンドを結成して浮かれ過ぎてたたっちゃんにモヤモヤ感を感じた人だっている。

私自身は、最高に楽しいパフォーマンスだったと思うし、全てをポジティブに捉えられたけど・・。
そして、これからも、このソロ活動を続けて欲しい(ただし、最初にKAT-TUNありきで、あくまでもプラスアルファの活動として)と願ってるし、DVDやCDの発売も熱望しているけど・・。

MOUSE PEACEがファンの間で賛否両論だってことを知った時、最初は、「どうして?」と不思議だった。何故、ポジティブに評価しない人がいるのか分からなかった。理解できなかった。
・・・でも、それは私のエゴだったのかもしれない。
私がいいと思ったことを、他の全ての人が同じように捉えるとは限らないんだ、ってことに気がついた。
たくさんの人がいて、様々な愛の形があって、色んな感じ方があって、当然なんだよね。

「ファンはこうあるべき」なんて正解はないと思う。

誰もが、それぞれの日常を抱えながらも、上田竜也に真剣に恋をしていて、本気で愛していて、それが夢の世界であることは分かっていても、それでも、自分にとっては紛れもない真実で、現実で・・。

共通する思いは、たっちゃんが大好きだということ。
心の中を占めるたっちゃんの存在が大き過ぎて、思い入れがあればあるほど、そして、それが強ければ強いほど、感じることや考え込むことは増えてくる。

私は、竜也を愛しているから、竜也を愛している全ての人たちも愛してる。
同志だと思ってる。

先週の竜マニュとR-Oneで、たっちゃんのマウピーへの盲目的なご執心ぶりに、心配になったり不安に思った人もいたと思う。
私だって、ちょっぴり心配になったけど・・。

でも、思い出して欲しい。
昔から、たっちゃんって素直で正直で、何の計算もしないから、生き方がおそろしく不器用な子だったじゃない。
言葉足らずなとこがあるのも昔から。
だから誤解されやすくって・・。

さんざん心配させられてきた私たちだけど、たっちゃんは、これまでも大丈夫だったように、これからも大丈夫だよ!

もやもや感なんて、軽ーく吹き飛ばしてくれるよ!
私たちの「上田竜也」は!!

海よりも深く、空よりも高い、大らかな愛で、上田竜也を丸ごと包み込んでいけたら・・と思います。

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

少クラ・ゲスト田口淳之介

昨日は、少クラのOA時間に間に合って良かった!!
さもなければ、たっちゃんが出てないだけに、録画だけで安心してしまう可能性があった。

オープニング、サムライで登場のジュンノ!
髪の毛切って、さらに爽やかに、ますます若々しくなった感じ。いや、大人っぽくなったと言えるかも?担じゃないので無責任でごめんなさーい。
黒い髪に身体にピタッとした黒いパンツ、白のTシャツにショート丈のカラフルニット、スタイルの良さが際立ちます!
それにしても、ちびっこジュニアの中にいるとやっぱり貫禄だわ~。
早速、お得意のダジャレが出たけど・・・(以下は書くまい)

「夏の場所」
ツアーで、いつも客席から登場して、ウチワの振りでファンの皆と一緒に楽しむ演出をしてくれたジュンノ。
その印象があまりに強かったから、初めてステージの上で一人踊るジュンノを見て、とっても新鮮だった!
彼のダンスはとても動きが大きくてステージに映える!
アクロバットも相変わらず。

竜也は、よく、「独特の世界観を持っている」と評されるけど、私はジュンノもそうだと思う。
ジュンノは、アイドルであることに喜びと誇りを持って、徹底的に自分の考えるアイドルの世界を表現している。
芸能界が天職って自分でも言ってるように、どんなことにもチャレンジして楽しくやっちゃう。
究極の仕事人間とも言える。
絶対にめげないポジティブ・シンキングはあっぱれだし!
とても強い人だと思う。

私は、去年の金髪ジュンノが忘れられない。
あれは、私的にはすっごく良かった!
キプフェの時の妖艶さ、迫力、ジュンノの新たな可能性というのが見えた気がした。


さて、ABC-Z。
衣装はKAT-TUNのお下がりでしたね。
たっちゃんのは、橋本良亮くんが着てた!!
ハッシーの加入で、昔からABCを応援しているファンもハッシーのファンも複雑な気持ちなんだろうな~。
でも、やっぱりハッシーがいると華がある!←これもまた無責任発言でごめんなさい。

お台場のJohnnys' Theaterで、竜ソロコンの前にやってた「平成サマリー」、あれを見に行った時に、ハッシーのきらきらぶりにびっくりしたもの!
とても15歳には見えない大人っぽさ!
あの時は、仁みたいにセクシーでオーラがある子だと思ったけど、昨日の少クラでは光一くんの王子様キャラに近いかも・・とも思った。


来週は、いよいよ竜也プレミアム!!
過去映像も盛りだくさんだと言うし、あの太一くんとどんなトークが展開されるのか、本当に楽しみ!!

バザー

今日は、ローマ日本人学校のバザーでした。
お友だちが和菓子を作って販売したので、私もお手伝いしました。
近年の日本ブームで、このバザーはイタリア人にも大人気。
11時開場なのに10時には校門前にすごい行列を作るのです。

学校の父兄が作ったお寿司やカレー、焼きそば、焼き鳥、抹茶アイスや和菓子にどらやき。地元の日本レストランも出店します。

リサイクルshopや子どもたちの一坪店も大人気です。
漫画、雑誌、本、DVD、日用雑貨品、おもちゃ、色んな日本のものが、中古とはいえ、格安で手に入るのですから。

でも、食べ物は高い!
お母さん方が作った巻き寿司1切れ(1本ではなくて、その6分の1の1切れ)が1ユーロ、約150円もするんだもーん。
それでも飛ぶように売れていく!!

でも、私は、せっかくだから、少々高くても、レストラン提供の幕の内弁当を食べました。

あと、フィナーレに、駐在日本企業提供の商品を使ってロッテリア(くじびき)があって、1等は毎年JAL提供の日本往復航空券とANA提供の同様航空券。
まぁ、当たりませんけどね。

私はお手伝いのかたわら、お友だちとお喋りしたり、お友だちの娘ちゃん達とジャニ話。
たっちゃんとKAT-TUNを切り抜いたあとのドル誌を持っていってあげました。

この子たち、ごくせん2の頃は、やれ亀だ、仁だと騒いでいて、デビュー後もCD買ってたのに、今では斗真やJrの中山優馬くんに夢中!
ま、要はドラマに影響されやすいお年頃なのね。
だから、やっぱりドラマでの露出は大切なんだよね~。

私、KAT-TUNのマネージャーやりたい!
6人それぞれ、色んなとこにビシバシ売り込んで、えっ!と驚くような仕事取ってくるのになぁ!そして、有無を言わせず仕事をさせる!
なぁんてね。でも、半分本気だよ!

さて、これから、ジュンノがゲストの少クラ見まーす。
感想はのちほど。


美容院

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ひとりごと

関ジャニ、大倉くんのソロコンがいよいよ今日からですね~。
それにしても、ファンの要望が多くて11月下旬からの大阪公演も決まったとかで・・。
ファンの方には喜ばしい限り!

ということは、やはりファンの声は大きいということなんですね。
たっちゃんの言うとおりだ。
この分だとマウピーのDVD発売は決まったようなもの。
ただ単に、いつ出るかという問題であって。

たっちゃんがご執心のマウピーも、ファンの声が大きければ再結成もありえると言うことだよね。
MOUSE PEACE 2009は、間違いないよね。

とりあえず、今のところはKAT-TUNだな!
KATーTUNの活動が全然聞こえてこないので、すっごい寂しい!
早く新曲聴きたーい!PVが見たーい!!
6人で歌って踊るとこ見たーい!
ドキドキしたーい!
かき乱されたーい!

しかし、今までこんなに長い間、KAT-TUNごとがなかったことってある?
ちょっと信じられない状況だよね。

たっちゃん、ぽっかり気分に堕ちてる場合じゃないよ!
マウピーで一回りも二回りも大きくなった上田竜也をKAT-TUNの中で活かすチャンスだよ!
頑張れ~!!



Cartoon KAT-TUN No.79

日本から遠く離れた所にいて、どうやって日本のTVを見れるんだろう?
そう不思議に思う方もいらっしゃるでしょうね。

私が契約しているヨーロッパ日本語衛星放送は、NHKと民放の混合編成された放送なのですが、NHKはリアルタイムで全ての番組を見ることが出来ます。
しかし、民放は・・・番組の買い付け料金が高いため、かなり遅れて放送されるとか、ジャニーズの肖像権の問題のため、歌番組は、な、な、なんと、ジャニーズ所属のタレント部分だけ必ずカットされての放送です!
ひな壇に座ってる姿にもモザイクが入ります(ドラマの場合はさすがにそのままで放送されますが・・)。
ひどい!ひどい!ひどすぎる!!
何でも、ドラマ以外の番組に出演している場合、その姿を海外で放送することを、ジャニーズ事務所が禁止しているからなんだそうです。
少クラはNHKなので大丈夫なんですが・・。

でも、最近のネットの進化はすさまじく、東京の民放5局、PC経由で見れるのです。
これは違法なものではなく、要するに日本でもPCでTVが見れるのと同じような感じです。
その代わり、本当に見るだけで、録画もリピも出来ませんけどね。

もちろん、私の大切なお友だち、亀担、静香ちゃんが、カツン関連の録画DVDは全部送ってくれるので、それが一番の楽しみでありますが・・。

さて、「カツカツ」79回目です!

やっぱり6人のカツカツは楽しいな!実感!!
今どきのかっこいい男の子が6種類揃ってる!!
和気あいあいで、はしゃぐ様子があまりにも可愛くて、もう微笑まずにはいられない!
あ~、この子たちのBoy's Talkを一度でいいから聞いてみたいよ!

冒頭から、ユッチが「お前のコンサート良かったよ~。」
亀ちゃんも、ソロコン・タイトルの話題でたっちゃんに振ってくれるし~。
ま、ユッチを落とし入れようとする魂胆は丸見えだけど、そこはいつものお約束~。

もう、たっちゃんがかっこよすぎる~!!
あの、無造作な感じに仕上げた髪型、すごくいい~!!
シャギーがきいてて、前から見ると短めで、顔の輪郭の美しさを全部見せてる!
ますます男っぽさ(私にとっては)が

亀ちゃんとたっちゃんの髪型がとてもよく似ている・・。

座ってる時も、両足を大きく前に投げ出したり、右足の先を左足の膝の上に乗せたり、貧乏ゆすりしたり、まぁ、昔からの癖ですけど、相変わらずのたっちゃん。
昔はこういうの見て怒ってたんだけどなぁ。
今は、「らしいな」って思う。
なんちゅう余裕、自分!

クイズデリバリー!
立ち上がってボタンを連打する姿に、男子「上田竜也」を見た。
こういうたっちゃん大好き!
無邪気に、はしゃいでる姿がいいの!!

暗算はさすがにパッと答えが出るのね。
小学校時代の塾通いの賜物だな。
キャビアもいいけど(ちょっと興奮し過ぎ)、あとは相変わらずの天然ちゃんだね~。
この子は受け狙いとか出来ない子だから、本当に素で答えたんだと思う。

しかし、もし、たっちゃんがデリバリーで届くとしたら、何やってもらおう?

まず、来る時には、絶対、サングラスをかけてきて欲しい!
私は竜也ほどサングラスが似合う男はこの世にいないと思ってる。
日本人には珍しく、目と眉毛の間が狭いから、メガネもサングラスも本当によく似合う。
特にサングラスは、すっごいグラマラスな感じになるの!

そして、シャンパン持ってきて欲しい!
ドンペリじゃなくていい。
私はMoet&Chandonの方が好き!
そうだ!「Killer Queen」を歌いながら持ってきて欲しい。
この曲、竜也のキィには合わないかもだけど・・。

ギターも持ってきて欲しい。
そして、「もう一度、ギターやるよ。」って言って欲しい。
Rhodesiaをやってもらおうかな。

R-One KAT-TUN No.132

ラジオの竜也、大好き!!
低音の美声で、より素を感じることが出来るから。
初めてR-Oneを聴いた時の驚きと喜びと言ったら!
そこには、私の想像通りの上田竜也がいた・・。
男っぽいやんちゃな竜也!

私が想いを寄せる上田竜也は、男っぽい「男の中の男」!
少数派なんだろうけど、私にとって竜也はいつでも「可愛い」より「かっこいい」だった。
その昔、たとえジャニーズの規格を外れようと、誰に何と言われようと、どんなに浮こうとも、それでも自分の道を貫いてきた竜也。
不器用な生き方しか出来ない竜也。
ずいぶん心配はさせられたけど、それって男らしくないかな?違うかな?


さてさて、昨夜のたっちゃん、少し鼻声?気のせいかな?
なんだかいつもよりテンション低めに感じるのも気のせい?
「ちょっと虚ろな気分です」みたいな竜マニュ読んだせいかな、
なんだか淡々としているような気がする・・。


25歳になってもなんも変わらない。
この間生まれたかと思ったら、もう25歳。
死んだらどうなるんだ?
50、75、あと3回25年迎えたら、もう死んじゃう云々・・

たっちゃーん、私も小さな頃からいつも「死」について考えてたよ。
今でも時々・・。
そんな時はね、ユッチになるといいよ。
宇宙のことを考えるの。
自分の存在がいかにちっぽけかを思い知らされるから、そんな事考えるのがバカらしくなる・・。
私、実はユッチと同じ「宇宙ヲタ」
高校生の頃は、天体望遠鏡で夜空を観測するのが日課。
若い頃は、皆既日食を見に海外まで飛んだもんだった・・。
とにかく、一日一日を大切にすること。それしかないね。


番組からのお誕生日プレゼント、中古屋さんで手に入れたボクシングのテキスト本、チャンプの自伝(直筆サイン入り)等をユッチ解説つきでもらって、

このサインが中古っていうのが気になります By竜也

テンションも上がったところで、ボクシングにかけても、誕生日にかけても、今の気持ちにかけてもいいから、曲を選んでください Byユッチ

それでも、なんかテンション上がらなかったような気がするなぁ・・。
たっちゃんが選んだのは、「はなわ」のガッツさんにまつわる「伝説の男」
ソロコン終わって虚ろなたっちゃんは、またボクシングに突っ走るのかなぁ!?


そのあと、R-One学園
「学校からの帰り道つい寄ってしまうとこ」という質問に対するリスナーの答え
一位:コンビニ
見事、たっちゃんが当てました!
ってか、ユッチがいつもいい答えをたっちゃんに譲ってあげてるような気がする・・。
これでユッチ4敗!罰ゲームにリーチ!!

お次は、メールOne KAT-TUN。
①ユッチのゲーム話
 ユッチって本当にメタルギアーにはまってるのね。
 でも、もうすぐ学校が始まるから、それをきっかけに終わらせようと思ってる・・だって。
②旅行話
 先週に引き続き、旅行に行きたがるユッチを軽くあしらうたっちゃん。
 「予定が詰まってるんですよ」
  「色んなオファー来てるんですよ」 By竜也


なんだかねぇ、ユッチは何かにつけて、「盛り上げよう、盛り上げよう」と気を使っているような感じがするんだけど、たっちゃんは・・・淡々と受け流している感じだなぁ。
ユッチってホントいい子!!
たっちゃん、早く気持ちを切り替えて、テンションして下さ~い!!


内緒の質問は・・、全く分かりませーん!!
誰か分かる人いますか?

人による。
知ってる人か知らない人かによる。
知らない人は、場所によったりするかも。
見えるのかな?中味。
男の人だったら(見える)。
知らない人だったら、別に話しかけないでしょう。
知ってる人は、オレは教える。




テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

竜マニュ

わたくしあれからしばらく胸にぽっかり穴が空いてしまいました

たっちゃんの素直で真っすぐな気持ちが伝わってきたよ~。
昔からホント、自分に嘘がつけない正直な子だよね~。

そっかー、そうだよね~。
大変だっただろうけど、あんなにも楽しくて嬉しくて充実した2週間だったんだもんね。
やり遂げた充実感とか満足感とかより、終わっちゃった寂しさの方が強いんだね。

でも、それだからこそ、新しい夢、次の目標も出来た訳だから!
たっちゃんの思いが強ければ必ず次に続くと思う。

私は全然寂しくない!
だって、まだマウピの余韻の中にいるし(それだけ素晴らしかったってこと!)、これからのたっちゃんの活躍がとっても楽しみだから!

あの~、一言だけ。
マウピももちろんいいんですけど、KAT-TUNのことも忘れないでね!
私は、アーティスト上田竜也も愛しているけど、たっちゃんのベースであるKAT-TUNのUをもっともっと愛してるんです!


お誕生日に、{ヤンキー片想い中}爆音で聞きながら富士山登りに・・・
ノリでいった為、皆・・・山をなめてる格好だったので途中断念

ブーツ、ジーンズ、カカトが高い靴、
たっちゃん、誰と行ったの~?


家に帰ったら、田口様ぁ~ありがとー

ジュンノからプレゼント届いてたのね。
さりげない気遣いが出来るジュンノっていいわぁ!!
お誕生日当日にお届けってのも粋な計らいね!
中身は何だったのかなぁ?



最後に、お台場に遊びにきてくれた皆さん・・・本当にありがとうございやした
  Mouse Peace

たっちゃん、こちらこそありがとうございやしたです!!


テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

暇(カツン事に限っては)だなぁ・・

昨日のカツスタも、ジュンノと聖からのたっちゃんへのハピバコールで始まったそうですね。
う、うれしい!

15時20分現在(こちらでは朝の8時20分ですが)、まだカツマニュは更新されてない。
今週は竜也様だから楽しみにしてるのに~!

今日の夜はR-One。
明日の夜はCartoonKAT-TUN。
雑誌も次から次へと発売されるけど、なんだか寂しい!
冠番組を持っているだけでもありがたいことなのかも・・
だけど、やっぱり寂しい。

早く新曲出ないかなぁ!
この分だと11月って感じ?
でないと年末の歌番組SPなんかでも困るよね~。
女王コンのDVDも12月くらいかな?まさか年明けなんてことには・・。
そして、竜ソロコンのDVDが来年2月?ずれると3月?
なぁんて、勝手に想像してまーす。

暇(カツン事に関しては)なんで、今日は、私のKAT-TUN鑑賞コーナーを紹介しちゃいます。
家族の者には絶対に使わせないDICTATOR(独裁者)です。
お部屋
ここにゆったりと腰掛けて(と言うと、いかにも優雅そうに聞こえるのですが、実際は、そんなにのんびり出来る時間は取れません)、衛星放送やDVDを見るのですが、独立した部屋ではないので(ダイニングの片隅)、家の者にウロウロされたりすることがあり、イラーッとすること多々あります。
廊下竜也廊下カツン寝室tカツンエミ竜也
そして、廊下には、こんなたっちゃんが!あんなKAT-TUNが!そんなKAT-TUNも!
リビングの棚には、竜友エミちゃんにプレゼントしてもらった竜写真立ても飾っています!

竜ギャラリーは、廊下であるにもかかわらず、家の者からは大ブーイングだった・・ということは、言うまでもないでしょう。



テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

亀ちゃん、ありがとう!

先週金曜日(10月3日)の亀ちゃんラジオ「Ks By Ks」、やっと聴きました!
ラジオはネット経由、1日遅れでこちらでも聴けるんです!
ラジオの亀ちゃんの声、普段より低い感じで、新鮮!!たまらなくいい!

1部後半で、たっちゃんハピバコーナーが!!
まず最初に、初めて会った時の印象から話していました。
第一印象は、あまり覚えていないけど、短髪、スポーツ刈りだったことだそうです。
それで、印象に残ってるエピソードが、たっちゃんが高校生の頃、制服の襟に血をつけて仕事にきたという例の話。
「どうしたんだよ」と聞いて「ケンカやって・・」と答えるたっちゃん。
その話をのちに改めて出してみると、「あれ、お前ウソだよ~」って。
上田らしいエピソードだって言ってました。

次に、たっちゃんはKAT-TUNではどんな存在か・・・
中丸と一緒に一番年上であり、ちゃんと物事をはっきり言ってくれるやつ。色んな事に対して。
で、はまると、とことんはまる。
飽きると、そのことが全くなかった事のようになる・・。
1つの事にグッとなるところは凄い!
ボクシングやってるから、亀ちゃんドラマの時も一緒によくボクシングの話をしてたって。

廻りには、「クール」とか「不思議ちゃん」とかいう意見があるみたいだけど、オレらには普通にやんちゃな感じがする。

ソロコンにも行かせてもらったんだけど、ファンの子が「意外」と言ってたようだけど、オレらから見たら「らしい」

いい所は、ガッと集中してやる所と物事をはっきり言う所。
強いて言うなら、悪い所は頑固な所。
これっつったら、「これはこうこう出来ないんだよ」って言っても、「これー」みたいな・・。
それも、ある意味いいとこだと思うんだけどね、こんな仕事していると。

というわけで、そんな上田竜也、ちょっと早いけどハッピーバースデー!
これで、彼も25歳、20代半ばに入りました。

こんな感じでした。

それで、2部の最後に再度おめでとうコール!
「明日、上田、誕生日おめでとう!バイバーイ」で番組は終わりました。

なんだかねぇ、嬉しくなっちゃいました
亀ちゃん、たっちゃんのこと分かってるじゃないの!
それは、同じKAT-TUNのメンバーとしては当たり前のことなのかもしれないけど、改めて、こんな風に、ラジオという公共の場で語ってもらえるのは嬉しいな
愛を感じて、感激しちゃいました!



ああ、雑誌・・・

先週末にやっと「B-Pass」と「Kindai」が届いたばかりだと言うのに、世間では「Gyaoマガジン」に続いてドル誌3誌の発売ですかー。

はぁ~、ため息!
私の暮らす「永遠の都」には、ロンドンやパリと違って日本の書店はないんです。
だから、日本にいるお友だちに助けてもらうか、Amazonを介して買うしか方法はないんですが、何しろ送料が高い!!
いや、普通のエアメールの郵便だとそれほどでもないんですが、何しろ郵便事情が悪いこの国のこと、エアメールなのにいつ届く事態になるか分からないから、Amazonなどは国際宅急便を使うわけです。
これだと確実に3日で届くから。
その代わり、送料と関税で恐ろしい値段になってしまう・・

だいたい1冊あたり2200円から2500円くらい。へたすると3000円とか・・。
去年の今頃は、別の意味でたっちゃんに血迷っていたんで(結局いつでも血迷ってる私!)、Amazonから表彰されてもいい位、注文しまくって、怖ろしいことに・・。

最近では少し賢くなって、日本からこちらに来る知人はないか、こちらから日本へ行く友人はいないかとリサーチしたり、はたまたロンドンのお友だちと協力し合ったり、ブリュッセルにいる友だちファミリーがこちらに来る時に買ってきてもらう等・・色々と試行錯誤してAmazonへ注文するようになりました。

本当に日本に住んでいる方たちが羨ましい!
何でも手に届くところにあるんだもんね~。
立ち読みだって出来るし。

我慢しなきゃいけないのかな?
でも、今、KAT-TUNの露出が全然ないから、淋しくて・・・
それに、MOUSE PEACEコンのことが記事になってれば、絶対にはずせないし!!買わないわけにはいかないよねー。


テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

MOUSE PEACE

ネズ夫
今さら~でしょうか?
でも、このMOUSE PEACEコンを境に私はすっかり変わってしまったのです。

私の中での「上田竜也と私の関係性」、まずこれが変わった。
これまで私は「竜也」と呼んでいたのに、どうしてもそう呼べなくなった。
逆に、「たっちゃん」と呼ぶのは抵抗があったのに、今は自然にそう呼べる。
なんでだろう?

あのソロコン以来、私はとても優しい気持ちになっている。
人の心をこんなにも穏やかにし、幸せな気分にさせてくれるたっちゃん。
もう、存在自体が奇跡!!

あの日を境に、私の中から、たっちゃんに対する母心というものがなくなってしまった。
大好きだからいつも厳しい目で見ていた私。
それまで、一度たりとも、KAT-TUNが出演する音楽番組を平常心で見ることなんて出来なかった・・。
いやぁ、ビジュアルはいつだって最高なんですよ!
どうして、この世の全ての女性が竜也に堕ちないのか・・と不思議に思うくらいに!

でも、あの子の一歩後ろに下がった控えめな様子とか、緊張して構える顔(ただ単に何も考えてないだけだったのかもしれないけど)とか、気の利いた事言えない(ってか、あえて言わないだけだったの?)とことか、今日は大丈夫かなぁって、私はいつもハラハラどきどきだった。
時には、「ダメじゃない!」と怒ったり、半ばあきれたりすることもあった・・。
今は、どんなことがあっても安心して見ていられる・・と思う。
あんなにも素晴らしいソロコンサートを全部自分で構成して演出して見せて(魅せて)くれたのだから。

たっちゃんが昔から公言していた夢「バンドがやりたい」「ソロコンをやってみたい」「音楽をやりたい」
当時、正直言って、ジャニーズでそれをやるのは難しいんじゃないのかな(たっちゃんのステイタスの問題もあったし、つまり仁や亀じゃないってこと)、と思ってた。
でも、他のメンバーに比べて極端にTVでの露出が少なかったから、「竜也は自分のやりたい音楽で勝負したいから、地道に努力しているんだろう。」と思うようにしてた。
そうでなきゃ、やってられなかった。
だから、ソロコンのニュースを聞いた時にまず思ったことは、「ジャニーさん、竜也のこと大切にしてくれてたんだ~。」

たっちゃんの夢がこんなに早く実現したことに、「たっちゃん、良かったね~!」と嬉しく思う反面、何事も厳しい目で見ていた私は「時期尚早」とさえ思っていたし、誤解して欲しくないけど、それ程の期待感もなかった(ごめんなさ~い!どんなものになるのかな、というお楽しみ感はもちろんありました!!)。
ただ、彼の夢が実現する以上、私たちが出来る限りの応援をしてソロコンを盛り上げなきゃ・・、何としてでも初日に入って、新しい旅立ちの日に立ち会わなければ・・、緊張でガチガチのたっちゃんを暖かい目で見届けなきゃ・・なぁんて、もの凄い「上から目線」だったんです。

ところが・・・、

続きはこちらから

続きを読む

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

BUON COMPLEANNO!!            

上田竜也様
25歳のお誕生日おめでとうございます
自分の夢を一つずつ着実に実現していくあなたは、そのうちとても大きくなると信じています。
これからの1年も、これまで以上にキラキラと光り輝くことでしょうね。
あなたの上に、たくさんの幸せの星が降り注ぎますように



ブログ開設のご挨拶はこちらから

続きを読む

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

繭(まゆ)

Author:繭(まゆ)
「永遠の都」ローマに住んでいます♪
上田王国の住人でもあります
King of Desire=上田竜也は、私の元気の素なの~
自称、永遠の少女♪
魔法をかけられたから年を取らないみたいです。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。