スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

札幌オーラス完結編

札幌オーラスレポの続きです!

「Dictator」
竜也ソロの前の「リアフェ」の時には、既に気もそぞろだった私。
ピアノの準備がなかった時点で、私のハートの高まりはMAXに!!

そして、マウピ・ルーレットが!
どっちにしても、もう、あの曲しか残ってないじゃないのー!

私、はた目には、完全に正気を失っていたと思います!
それは、前日の「Time」の時も同じでしたが・・

分かっちゃいたけど、ルーレットが「Dictator」で止まった時は・・
まるで気がふれたように大騒ぎしてました!
ま、竜担なら分かってくれるでしょう?

独裁者・竜也様、最初は、ステージにある階段の上に座っていました。
もちろん、両側には仁ソロの二人のダンサーをはべらせて!

ダンサーは、もちろん白いハーレムドレス!

LEDにはマウピ映像が流れるし、まったく、どっちも見たくて本当に困った!

歌い始めた竜也様は、まさに独裁者になりきってたー!
あの、例の銀色に飾られた鞭をステージ前方に出てきてビシバシやったし!

私、ずっと絶叫してました!

歌が終わってからも、「一体何をやってくれるのー?」って感じで、ショーが終わる気配がない。そしたら、竜也がマジシャン風に両手を広げ、それを合図に炎を上がるという演出が来たー!
さらに、竜也様のダンス&アクロバットが続いたの!
で、最後にスモークが上がった。
多分、遠くの人は、スモークに隠れて見えなかったかもしれないけど、私のとこからは良く見えた。実は、竜也様、アクロバットの着地に失敗して、転がっちゃったの!

その後、花道を歩いてセンターステージまで行ってダンス!
最後はメインステージに戻って、花火の演出!

本当に、素晴らしいミニミニDictatorショーでした!!

でもね、札幌初日の1部公演で「Love in Snow」を歌った時の、竜也様の綺麗な瞳と切ない表情も忘れられない・・

ユッチソロ「White World」
聖とジュンノがバックにつくなんて、ツアーならでは・・だよね!
これも、すごい贅沢!

仁ソロ「ワンダー」
「ペンライトは消して下さい。会場も暗くして!」と、仁が注文!
私、クラブのノリでずっと踊ってました!
でね、なんと、花道から聖とジュンノがやって来て、センターステージで、仁やダンサーと一緒に5人で大ノリで踊ったのー!

オーラスは、やっぱお祭りだね!!
楽しいー!!

「王様会議」
仁のソロで飛び入りダンサーをしたばかりの聖、ハーハー言いながら入ってくる。

☆亀、ヤンキー風で入ってくる。流し目をする。
いつものワインマジックだけど、ワインを飲み干した聖に「お口が汚れてるじゃないかー」と言って、ナプキンで聖の口を拭いてあげて、それを紙飛行機みたいにして飛ばす。そして、「お口の恋人、ロッテ」と言う。

はける時、ステージの端で、トントンとドアを開ける真似して、「お前、先にシャワー浴びてんじゃないよ」
聖が、それに答えて、「だって、汗かいちゃったから」

☆ジュンノは、また白い髪のカツラで「なぎさかおる」
「田中君、僕は君に会うために生まれてきた」
「シャイなんだね」
「君の心は、ガラスのように繊細だね」

聖が、ジュンノの後ろにコードがくっついてるのを発見。
(淳)「このコードがないと動けないの」

カラフルな臼にはキャラ変したウサギが。
「あんた、バカ~?」
「私を誰だと思ってるの~?アスカ・ラングレーよ」

で、聖が杵を打ったら、白い煙が出た。

(淳)「もう、電池が切れるわ。田中君、僕を消してくれー!」
(聖)「無駄に大がかりだったなー」

☆竜也、普通に登場(女の子なし)。
髪型は、ここから、チビちょんまげを作ってくる。私は、可愛さを全面に出した大作りの噴水ちょんまげより、こっちの方が好き!不思議な妖艶さが出るから。
聖が「暑い!暑い!」と言うので、「分かった!俺があおいであげよう。ちょっと待っててくれるかな・・」
で、普通に扇子マジック。「U・E・D・A」
そして、聖の近くに膝まずいて、扇子であおいであげたー。
(竜)「日頃、下ネタばっかり言って困らせているから。本当に全公演、すみませんでした。ありがとうございました」
で、キラキラ笑顔!
(聖)「上田がどんなになろうと、俺は上田の味方だよー」

☆ユッチ、オドオドキャラで登場!
ユッチって、意外に、したたかだと思う。
自分の見せ方を知ってる子。
オドオドキャラは、可愛さが増す!
コインのマジックは、聖にも「今日が一番良かった!」と言われていたし、あの一生懸命な様子と無垢な顔が可愛過ぎる!
で、ドアの外に出た(あくまで設定)とたん、オドオドキャラとは真逆の顔(フン!何だよー!みたいな)をする。
見せ方、知ってるよねー

☆仁が、ジュンノが被ってた白い髪のカツラで登場!「少年よ~、神話になれ~」を歌いながら。
仁の友だちの外人という設定で、外人風日本語で喋る。
「ノン、ノン、ノン」
「My Name is マイクル・ジェイクソン」
「僕の友だちの仁、ワンダー、良かったよ!」
「なんか、仁くんが、ソロコンやるなら、ペンライトいらないって言ってた・・」←まさかの仁ソロコン、間近なのかしら!?

ライターネタ
「せっかく火星スティックの説明しようと思ってたのに・・、ダメだ」
「あいつが(仁のこと)持ってるスティックは、綺麗なもの」
「たとえるなら、バナナかなー」

聖が「最後なんで、テンション上がりまくって、すみませんでした」と言って、はける。

「Don't U Ever Stop!」
メインステージにて。
竜也、目の前!
これも私の大好きな曲!
竜也のダンスは圧巻!
気合い入ってるわー!
あまりのかっこ良さに、叫ばずにはいられない!

「Wilds of My Heart」
メインよりムービングでバクステへ。
竜也は私側!うっとり!泣きたくなるほど、かっこいい!

「NEIRO」
バクステからムービングでメインへ。
メインステージでは、竜也様、また私の目の前!
目が合ったと勝手に思ってます!

アンコール
「She Said」
メインからトロッコ出発!
私のすぐ側を仁が通る!
仁はトロッコの上ではいつも座っているんで、だから余計にはっきり見えたんだけど(顔の位置が低くなるから)、綺麗な顔だったなー
お人形みたいだった!

「Peaceful Days」
私のそばのトロッコ通路、今度は竜也が通る番!
でも、竜也は普通、会場トロッコの中央部分を通る時は、スタンドを見るので(その逆に、スタンドよりのトロッコの時は会場を見る)、視線は全く期待してなかった。
私は、ただただ、至近距離で竜也を観察することに徹していたの!

細いわー
華奢過ぎるー

腕の筋肉の具合い、
左足の傷、サンダル、サンダルに納められた足や爪の具合い、
スタンドを見る「あっち向いた顔」、
すました顔・・

竜也を好き過ぎて、自分的にちょっと困った状況だったので、自分の気持ちを落ち着かせようと、「やっぱり、本来の私の好みのタイプではないわ!」と思おうとしたけど・・

罪な男、上田竜也!

私は、もはや、彼の魅力の迷宮に深く入り込んでしまったようです!

ダブルアンコ
「Will Be All Right」
この曲、大好き!
これを聴くと、希望という言葉が浮かぶ。
明日も頑張ろう!って、思えるの。

ハルカを歌わなかったのは残念だったけど・・。

でも、KAT-TUNのライブからもらったパワーは、たとえようもない程に大きいもの!

たくさんのパワーと勇気!
夢と希望!

この幸福感!
この喜び!
恋する気持ち!

竜也とKAT-TUNに、心からの「ありがとう」を言いたい!
スポンサーサイト

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

札幌オーラス・レポ

実家に戻って、まったりしてまーす!

ツアー終わってしまったけど、私はまだ幸せな気分でいっぱいです!
耳にはまだ音楽が残っていて、目には麗しい竜也様の姿が焼き付いている・・
私、余韻に長く浸れるお得な性格なの!

さて、オーラス・レポの前に、昨日の日記(ラスト1部)のMCの仁のお話の続きを・・
マッサージのおばちゃん話には続きがあって、でも、時間がなかったので、最後まで書けなかったんです。

マッサージのおばちゃんは、飴玉を舐めていて、匂い的に「ドラゴン飴」だったとか。
ドラゴン飴の中には梅干しが入っているので、飴を舐め終わった後も、梅干しの種をカラカラいわせいて、「正直、臭かった!」

このマッサージのおばちゃんは、仁にとって大事件だったらしく、すぐにメンバーたちに話しに行ったらしいの。
聖が、「あの後、俺たちに話した後、お前、すっきりした顔してたよー」「亀がごくせんの話をしてる時(MC)に、俺、一個、話していい?って、言ってくるんだもん!」

仁、可愛い!
こんなことでワキャワキャ騒ぐなんて、まだまだ子どもだなあ!
それにしても、ドラゴン飴って、有名なの?
匂いで分かったって、仁も、その飴玉を舐めているのかなあ!?

えーん、3時間かけて書いたオーラスレポ、間違って消しちゃった!(泣)
せっかく夕方までにアップしようと思ってたのにー
同じこと書けるかなー!?


オーラス!!
オープニングは、竜也と亀だけサングラス。竜也は左端に座ってる!
髪型は、短目ロミオ風。
でも、ロミオの柔らかさはなく、私の大好きなクール竜也でした!!
かっこいいー!見てるだけで壊れそう!大好き!!

私の席は、アリーナ前から3列目で、トロッコ通路そば。ムービングは真上を通らないけど、そのすぐ脇でした!

もうね、絶叫し続けて、声が枯れてしまって、ハスキーボイスになっちゃった!

で、アピールするため、私、ずっとサングラスをかけてたの!
メンバーたちは、きっと、「馬鹿なやつがいる!」と思ったことでしょうね。
「はあーっ!」って顔した子もいたし。
ま、アピール成功ってことで!

「RESCUE」
炎は熱い!あのそばで歌って踊るメンバーたち、凄いなー。
私は、ただただ、ひたすら目の前の竜也を見つめるだけ!
ダンスは相変わらず素晴らしい!
でもね、顔とかスタイルとか歌とかダンスとか関係ないの!
それ以前の問題!
竜也の存在自体が奇跡なの!

「ワンドロ」ムービングで移動開始。
竜也は右端。つまり私からは一番遠いところ。
でも、私は、すぐ上のユッチを見ることもなく、遠くの竜也だけを追い掛けていた。
後ろ姿も可愛いし!

しかし、あんな狭いムービングステージの上で、よくもまあ、あんなにも複雑なダンスを踊れるものだわねー
本当に惚れぼれしちゃう!

会場の真ん中辺りでスモークが出て、「LIPS」が始まる。
竜也がまだ歌ってる最中に白いジャケットを半分取った!腕の肘辺りまで下げた感じ。
いつもは、LIPSが終わってバクステの後ろの階段を降りる時にジャケットを脱いでスタッフに渡すのに(一度、階段前の席だった時に観察してたの)。
暑かったのかなー!?

竜也のご挨拶は、いつもと同じ。
「皆さん、盛り上がってますかー?」「盛り上がってますかー?」「盛り上がってますかー?」「最後までよろしくー!」

バクステからメインステージに向かってトロッコ。
「喜びの歌」
「キプフェ」
竜也は、花道挟んで私とは反対側。しかも、スタンド寄りトロッコ。
会場の真ん中辺りに止まって歌う時に、竜也は漠然とボーッと上を見ている感じ(会場の方)。

はい、私、そばを通る仁やユッチやジュンノには目もくれず、ひたすら、一番遠い竜也様だけを見ていました(notオペラグラス。肉眼派です)
キプフェの最後は、メインステージで花火の演出で締めるんだけど、竜也はいつも、スキップしたり、ダッシュしたりで、調子に乗ってるの!
この時は、もちろん、わざとだけど、こけて転がってた(2度目)。
もー!クールな顔して可愛いんだから!!

「Sadistic Love」
始まる前から私のハートは・・
もー、何なのー!この、竜也の妖艶さ!ますます磨きがかかってるー!

亀とジュンノの絡みは、亀がいつもよりしつこくジュンノの髪の毛を触った。

大サビ!
竜也ってホントに歌上手いわー
この声に酔いしれる私!
ここに、亀のハモリが入るなんて、なんという贅沢なの!!

竜也と亀の絡みは、一方的なセクハラじゃなくて、二人の共同作業!
向かい合った二人。まず、亀が竜也のシャツのボタンをはずし胸をはだけさせる。次に、竜也が亀のシャツのボタンをはずし胸をはだけさせ・・、お茶目な竜也は亀の胸をコチョコチョとくすぐったの!
もう、クールな顔して、やること可愛いんだから!!

聖ソロ「PIERROT」

聖とジュンノ
(淳)「俺たちは永遠だぜ!」
(聖)「田口くんが永遠かどうかは分からないけど・・」

~世界中の、そう、まだ見ぬ~のところは、「みそラーメン」

ジュンノソロ「WIND」
途中、聖がやって来て、ずっと一緒に踊ってた!

亀ソロ「愛しているから」
ロバ丸ダンス!
ため息ものだわー
竜也はやばい、ホント!
完璧なダンス!
腰突き上げて投げチュー!
その後、階段を駆け上がる姿も動作が機敏で萌えー!
小リスのような敏捷さ!
好きー!
で、腰グイングインも絶好調!!

亀ちゃんソロ曲。
~たとえば、もし~で間違えて、やり直し。
も一回入る時、ファンの声でまたダメ。
タイミングが大事なのに、三回目もバカなファンのせいでダメだった。

きゃあきゃあ騒ぐ私でさえ、バラード系のソロと竜也ソロの時は静かに聴いて拍手だけにするのに・・

でも、亀ちゃん、歌とギターは、回を重ねるごとにどんどん良くなってる。

ユッチ・ボイパ
「札幌」
「ファイナル」
「最近、僕、前髪伸びてきたんですよ」

「Peak」
会場トロッコ
私のそばは亀ちゃん!
後で竜也が来るのが分かってたから、余裕で亀ちゃんを見ました!
やっぱ美しいわー
まんべんなく色んな所を見てくれるし、サービス精神はピカ一!

「Jumpin'Up」
私のすぐそばはユッチだったけど、次に近いトロッコには竜也!
竜也、こっち見てくれたよー!(思い込みでもいいんです)

「MC」
☆仁がいない~と思ってたら、「ごくせん」のお知らせ後に遅れて来た。

☆Foto Bookのお知らせ
札幌2日目2部からジュンノがFoto Bookの実物を持ってきてくれて、中身をチラチラ見せてくれていたの。
今日は、最後に竜也の写真のページを開いてくれて、会場中がきゃあ~!!
(竜)「恥ずかしいんで、ちょっとやめてもらえるかなぁ・・」
こーんな照れやさんのところも、だーい好き!!

☆Bandage

☆母の贈りもの

☆ポスタープレゼント、オーラスだから4枚。
何かの話で誰かが(ユッチだったような・・)「年輩の方もいると思うんで・・」と言ったら、すかさず亀が「年齢は関係ないでしょ!?」

亀ちゃん、お気遣いありがとう!
あなたのそういうところ、大好きです!

☆物真似コーナー
ハッシーが安田サーカスのクロちゃん、トッツーが桑田さんで、ワンドロを歌い、他の皆はアクロバット。

MCは、巻いてたなー

FIVE
ミス・スノーマン
ABC-Z

「love」メインステージにて。
竜也、ガンガン踊ってる!
このダンスを見ているだけで、感動できる!
だって、ものすごい複雑な動きを難なく完璧にこなしているんだもん!

亀がskullのゴムで髪の毛結んでた。

「春夏秋冬」
竜也、ノリノリで歌ってる!
竜也が熱唱する姿、だーい好き!

「リアフェ」
本来なら私もノリまくりなんだけど、竜也がソロ準備ですぐはけるし、期待の曲が出るか、気もそぞろで何とも落ち着かない・・

とりあえず、ここまででアップします。
竜也に誓ってる(勝手に)毎日更新が出来なくなりそうなので。

「恋して悪魔」も見なきゃいけないし、今夜はラジオもあるしね!
だからこそ、レポを書き上げたかったんだけど・・
ではー!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

札幌ラスト1部のまとめ

20090824094101

写真は、札幌のホテルのエレベーター前(私の階だけ)に飾られていた天使ちゃん!

札幌では、当初5公演だけの予定でしたが、結局、全ステしましたー

たくさんの竜友、カツフレ、初会いのブロガーさん、KAT-TUNが結んでくれた縁=出会いに本当に感謝の日々でした。

さて、私は、今日、朝の飛行機で東京へ戻り、マンションを空けて、最終便で九州の実家に戻りますので、慌ただしくなるのは目に見えているので、旅立つ前に、ちょこっと書いておきます。

札幌ラスト1部公演
竜也様の素敵ぶりは既にお知らせした通り!

「Sadistic Love」の妖艶さは半端なかったー!
ドームでは、氷のように冷たい顔がたまらなかったけど、今回は亀との絡みがあったためか、シニカルな笑みも浮かべたりして、たとえようもない程の妖艶さ!

大サビ、亀が胸をはだけた竜也の前で顔をだんだんと下に下ろしていった時、ヒワイさは全くなく、とっても綺麗なシーンでした!

聖のソロ「ピエロ」の後のジュンノ登場では、
(淳)「昨日、寿司食いに行ったけど、お前、なんで来なかったの?」
(聖)「疲れてたから・・」
(淳)「お土産持っていったの、食べた?」
(聖)「おう!」

ジュンノ、実は今、私の中でマイブームで、うちわ買っちゃいました!
危ないくらい竜也を愛してるので、ちょっとよそを見なきゃ、と思って!
ま、無駄な抵抗だろうけどね・・

でも、ツアーでは、ダイナミックなジュンノのダンスの良さが思う存分発揮されてたと思います。
ビジュもめちゃいいし!

亀ソロ
ロバ丸コンビのダンス、DVDにはならないでしょうか!?
これをお蔵入りにするのは、あまりにもったいない!
もちろん、亀のソロもだけど。

今回、ひたすら竜也だけを見つめて、改めて、竜也のダンスに魅せられてしまった!
ヒラヒラと舞う蝶の優雅さと大胆な動きで、複雑なダンスも完璧にこなしている。
誰よりも丁寧に愛情を込めて踊っている!
私的には一番上手い!

「Peak」のトロッコでは、柵に片足かけてブラブラさせてた。

「Jumpin'Up」
この回の私の席は、スタンド親子席のすぐ後ろ。
竜也がトロッコで回って来た時、はっきりとよーく見えたんだけど、竜也がとっても優しい笑顔で(まさに天使の笑顔だった)、親子席に手を伸ばして、ずっとタッチしてた〓
あの笑顔は忘れられない!
作り笑顔ではなくて、心の綺麗さが自然に出た笑顔!
あーん、竜也様ー!
あなたは、どうして、私の心をこんなにも翻弄させるの!?

MC
珍しく竜也が話を始めた!
「昨日、みんなで寿司食いに行ったでしょ。それで、赤西の面白い話があるんですよ」
ー略ー
「で、途中から、こいつ、かっこつけ始めて、お米を一口食べたら、これは秋田小町ですよね、って聞いて、大将に、いいえササニシキですって言われて・・」

仁が、「中丸、かっぱの真似した!」
それを受けて、竜也が、「こいつ、最後の締めでカッパ巻き食ったんですよ」

ユッチがカッパの鳴き声をしたらしく、
(仁)「お前、カッパの鳴き声やれよ!」
(雄)「いじめっ子にしか見えない」
(竜)「MCの最後のお楽しみにとっておく?あれ、鉄板だって!」
(雄)「今やる!」
で、結局、MC最後の物真似コーナーで、ゴッチの亀ソロ「ロバ丸ダンス」中丸45度に倒れるとこの真似、トッツーの「Mステ・青天のヘキレキ」赤西の真似に続いて、カッパの鳴き声を披露しました!

そして、仁も珍しく、「聞いて下さいよ!」と話を始めたの。
お寿司を食べた後、ホテルに帰ってマッサージをしたそうなんだけど、その人が押す度に「なんしゃ」と言うそうで!
かっぷくのいいおばちゃんだったから力が強くて「俺、痛かった」
でも、「なんしゃ」と掛け声かけるから力が弱まらなくて、だんだん腹が立ってきて、このくそババァと思って、「リラックスしたいんで、15分黙ってもらえますか?」
その方は、「なんしゃ」と言えずストレスがたまったらしく、マッサージが終わって出て行く時にドアを「なんしゃ」と言って開けたとか・・

「love」で、竜也のダンスに再び魅せられて、「春夏秋冬」で胸がいっぱいになり、「リアフェ」では大のり!(竜也はすぐはけるけど)リアフェ、「ジュンノ!」といつも歌うパートをふられて、ジュンノコールまでされて、最後はメインステージで腕立て!しかも、腕立てしてるのに、ラップをふられて頑張って歌っていたよー

竜也ソロは、「花の舞う街」
髪型が、少し短めだけど、ロミオに近い!
ピアノはいつも真剣な表情。完璧でした。
ラブスノも弾きました!
で、本当にいい笑顔で歌うのー
最後は貴族風お辞儀。満面の笑み。投げチュー!

ユッチソロは、「アンサー」(一人舞台の時に歌ったもの)

仁ソロ、「ワンダー」

「王様会議」
いつもと違ってるところだけ。
☆ジュンノが白い髪のカツラで登場!
なぎさかおるだそうです。
いつもの臼と違ってカラフルな臼を持ってる。
「田中聖くんに会うために生まれてきた」
聖が、杵で臼をつくと、いつもと違うキャラのウサギが、「あんた、バカー?」「心を開かなければ、エヴァには乗れないよー」

☆竜也、いつものように、女の子を肩に担いで登場!
「中丸さーん」
「ごめんなさい。中丸さーん!いますかー?」
トントンとドアをたたいて、
「中丸さーん!ご注文預かったプロトタイプ3000、持って来ましたー」
「なかま・・、田中くんじゃないかー!」
「中丸さん、いない?まじっすかー!?」
そして、はける。

☆ユッチ登場
(雄)「田口と上田のくだりは、あれでいいんでしょうか?」
(聖)「あいつららしくて、いいんじゃないのかな。」
(雄)「なんしゃ!上田は来てない?」
コインのマジックの後、カッパの鳴き声を「グアーッ!」

☆竜也と仁が顔に包帯を巻いて登場!
二人とも綾波レイ!
(仁)「大丈夫!あなたはスベらない!」(聖に)
「あなたは、私が分かるから」
「エヴァには乗らないで!私に乗って!」
(竜)「私は、亀梨くんにしか乗れないの」
火をつけるものを探す仁。
(竜)「なに?」
(仁)「レイ、ある?」
(竜)「私はないわ。あなたは持ってるでしょう!?」
(仁)「私は火星スティック」←仮性○○に引っ掛けてる
(竜)「私も・・」と言いかけて、たまらずプッと吹き出す!
(仁)「愛のスティックで刺してあげる」
「これで、あなたに火をつけるの」
「あんまり興奮しないでね」
(竜)「私は何も感じない。だって、人形だから」←竜也、また、プッと吹き出す!
(仁)「これで火をつけるの」
(竜)「ずいぶんと固いのねー」
「任務遂行しなきゃ」←また、ププッと吹き出す!
(仁)「これで、私も馬並ね!」
(竜)「私はそんなに細くないわ」
(仁)「何にも感じない。」
(竜)「だって、人形だから」
(仁)「このまま、はけるわ。お客さんの反応はどうでもいいわ」

二人の、女の子風猫なで声が可愛かった!

最近、竜也と仁はとっても仲良しで、ステージの上でも、二人でよくしゃべってる!
ユッチ、ちょいヤバイかもよー!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

Dictator

札幌オーラス!
来ましたねー
さすが、我らが竜也様!
ツアー最後のソロ曲を「Dictator」で飾ってくれました!
仁のダンサーを引き連れて!
ダンサーは、もちろん白いハーレムドレスを身に付けてましたよ!
あの、例の銀色に飾られた鞭をビシバシやって・・

私、アリーナ、前から三番目の座席だったんです!
想像つくでしょう!?
私がどんな風になってたか・・
完全に発狂してました!

歌い終わった後も、マウピの時みたいに、マジシャン風に両手を広げ、それを合図に炎を上がるという演出!
そして、竜也様のダンス&アクロバットが続いて、スモークが上がった。
その後、花道を歩いてセンターステージまで行ってダンス!
最後はメインステージに戻って、花火の演出!

見ごたえ、ありました!

ダブルアンコは、ウィルビー!

とりあえず、竜也ソロのお知らせでした!

あ、髪型は、いつもの高貴なやつ。
ただし、2部では、王様会議以降、チビちょんまげ作ってました!

今さらだけど、のっぴきならないところまで堕ちてしまった私です!

片想いって、辛い・・

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

札幌ラスト1部

本日の竜也も一段と素敵で・・
見ているだけで、胸がいっぱいになって、泣きそうになる・・

髪型は、ちょんまげなし。いつもの高貴な感じ。
超かっこいい!

Sラブ、竜也、妖艶過ぎ!
もう、私、死にそう!
大サビでは、最初は見つめあって、次に亀がー、なんと胸をはだけた竜也の前で、だんだんと顔を下にさげていき・・
竜也の真ん中で止まったー!
会場、ぎゃあー!!
ヤバすぎ!!

竜也ソロは、「花の舞う街」

MCと王様会議は、もう、最高!竜也、大活躍!
時間がないので、詳しくはまた後日!

テーマ : 上田竜也
ジャンル : アイドル・芸能

プロフィール

繭(まゆ)

Author:繭(まゆ)
「永遠の都」ローマに住んでいます♪
上田王国の住人でもあります
King of Desire=上田竜也は、私の元気の素なの~
自称、永遠の少女♪
魔法をかけられたから年を取らないみたいです。

最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。